機械安全の法律・規格と設計手法

安全な製品を設計・製造するために必要な法律・規格の情報を紹介しています。

メニュー

欧州機械規則|機械製品のEU適合宣言書の書き方

f:id:msdco:20210516164709p:plain
 

欧州委員会(EC)は、欧州CEマーキングの現在の機械指令(Directive 2006/42/EC)に代わる、新しい機械規則の最終案を、2021年4月21日に発表しました。

 

詳細情報は、次のサイトで確認できます。

eur-lex.europa.eu

 

機械製品のEU適合宣言書の書き方の変更点を紹介します。

 

 

次の部分が現行の機械指令からの変更点になります。

3項の「建屋又は構造物に機械製品が恒久的に持ち上げ装置によってのみ設置される場合の住所」の追加

コンパイラ(編纂者)に関する記載が必須でなくなる。

 

次はGoogle 翻訳です

正確な情報は原文を参照願います。

 

機械製品のEU適合宣言

この宣言書は、部分的に完成した機械を除き、市場に出された状態の機械製品に関連し、大幅な変更がない限り、最終ユーザーによって追加および/または実行される機器は除外される。

1.EU適合宣言には、次の詳細が含まれていなければならない。機械製品(製品、タイプ、バッチ、またはシリアル番号):

2.製造者の名前と住所、および該当する場合は、その委任代理人:

3.建屋又は構造物に機械製品が恒久的に持ち上げ装置によってのみ設置される場合の住所

4.この適合宣言は、製造元の単独の責任の下で発行される。

5.宣言の対象(トレーサビリティを可能にする機械製品の識別。機械製品の識別に必要な場合は、十分に鮮明なカラー画像を含めることができる):

6.4項で説明されている宣言の目的は、関連する欧州加盟国の整合規則に準拠している。

7.規格の日付を含む、第17条(3)に従って委員会によって採用された関連する整合規格または技術仕様への参照、または仕様の日付を含む他の技術仕様への参照が宣言されている:

8.該当する場合、通知機関…(名前、番号)…はEU型式検査(モジュールB)を実行し、EU型式検査証明書…(その証明書への参照)を発行し、さらに内部生産管理に基づく型式への適合(モジュールC):

9.該当する場合には、機械製品は適合性評価手順の対象となります…(内部生産管理(モジュールA)または完全な品質保証(モジュールH)…通知機関の監視下での(名前、番号):

10.追加情報:

署名および代理:…

(発行場所と発行日):

(名前、関数)(署名):

 

 

 

EU DECLARATION OF CONFORMITY OF MACHINERY PRODUCTS EXCEPT FOR PARTLY COMPLETED MACHINERY

This declaration relates exclusively to machinery products, except for partly completed machinery, in the state in which it was placed on the market, and excludes components, which are added and/or operations carried out subsequently by the final user unless there is a substantial modification of the machinery product.

1.The EU declaration of conformity shall contain the following particulars: Machinery product (product, type, batch or serial number):

2.Name and address of the manufacturer and, where applicable, his or her authorised representative:

3.The address where the machine product is permanently installed only for lifting machinery product installed in a building or a structure:

4.This declaration of conformity is issued under the sole responsibility of the manufacturer:

5.Object of the declaration (identification of machinery product allowing traceability; where necessary for the identification of the machinery product, a colour image of sufficient clarity may be included):

6.The object of the declaration described in point 4 is in conformity with the relevant Union harmonisation legislation:

7.References to the relevant harmonised standards used or technical specifications adopted by the Commission in accordance with Article 17(3), including the date of the standard, or references to the other technical specifications, including the date of the specification, in relation to which conformity is declared:

8.Where applicable, the notified body … (name, number) … performed the EU type-examination (Module B) and issued the EU type-examination certificate … (reference to that certificate), followed by conformity to type based on internal production control (module C):

9.Where applicable, the machinery product is subject to the conformity assessment procedure … (either internal production control (Module A) or full quality assurance (module H) … under surveillance of the notified body … (name, number):

10.Additional information:

Signed for and on behalf of: …

(place and date of issue):

(name, function) (signature):

 

 

MSDコンサルティング

 

フェールセーフ化の方法|工作機械等の制御機構のフェールセーフ化に関するガイドライン

 f:id:msdco:20210516165014p:plain

 

フェールセーフとひとことで言ってもその手法は数多くあります。工作機械等の制御機構のフェールセーフ化に関するガイドラインから主な手法を抜き出してみました。

 

オフ確認:

ボタンを押して接点を閉じる動作に続けて、ボタンを離して接点を開く動作を行ったときに初めて起動信号又は始動信号を発生させる方法

 

再起動防止:

起動操作によって自己保持回路が作動して自己保持を開始し、作業者が停止操作を行ったとき又は安全装置が作動したとき等には自己保持を解除し、機械の再起動を防止する方法

ノーマルクローズ型の利用:

ノーマルクローズ型の弁又はブレーキによって、故障時には、労働災害を発生させない形で機械を停止させる方法

強制引き離し:

作業者が非常停止装置を操作するときの力、作業者が可動ガードを開くときの力、機械の可動部がスイッチと接触するときの力等を直接利用して、ノーマルクローズ型スイッチの接点を強制的に引き離し、労働災害を発生させない形で機械を停止させる方法

相反モードによる監視の利用:

相反するモード(正モードと負モード)のスイッチを二個設けて、ガード開閉の正常性を監視し、正常でないときは労働災害を発生させない形で機械を停止させる方法

発振回路の利用:

入力によって発振するように回路を構成し、故障時には発振が停止することを利用して故障を検出するとともに、回路の出力をオフとする方法

交流信号の利用:

安全情報を交流信号として伝達し、故障時には直流出力が生じることを利用して故障を検出するとともに、回路の出力をオフとする方法

電源枠外処理:

安全情報を電源電圧より高い電圧に設定することにより、信号線と電源線の混触による誤った安全情報の伝達を防止する方法

フェールセーフなチェック回路の利用:

フェールセーフなチェック回路によって、制御機構を構成する非フェールセーフな安全装置や部品類に故障が生じていないかを常時チェックする方法

二重化不一致検出:

接点又は弁を二重化し、二つの動作が不一致のときは、接点又は弁に溶着又は固着が起きたとみなして、労働災害を発生させない形で機械を停止させる方法

バックチェック:

通電時に閉じる接点(以下「a接点」という。)に溶着が生じたとき、対となる通電時に開く接点(以下「b接点」という。)によってこれを検出し、直ちに機械を停止させる又は次のサイクルの運転を開始させない方法

非溶着:

本質的に溶着しない接点を用いる方法


非対称誤り特性を持つ物理特性の利用:

安全情報の生成が停止したとき、重力の作用によって機械的機構が自然に落下し、安全を確保する方法及び加熱等が生じたとき、温度センサ固有の物理特性に基づいてセンサの抵抗値等が増大し、機械への通電を遮断する方法等

新しい機械規則(案)の基本的な健康と安全の要件(EHSR)

f:id:msdco:20201219122331p:plain

 

欧州委員会(EC)は、欧州CEマーキングの現在の機械指令(Directive 2006/42/EC)に代わる、新しい機械規則の最終案を、2021年4月21日に発表しました。

 

詳細情報は、次のサイトで確認できます。

eur-lex.europa.eu

 

 

 

 

参考:新しい機械規則の基本的な健康と安全の要件(EHSR)最終案のgoogle翻訳です。

正確な内容は原文で確認してください

 

機械製品の設計と建設に関連する基本的な健康と安全の要件

一般的な原則

1.機械製品の製造業者またはその権限のある代表者は、機械製品に適用される健康と安全の要件を決定するために、リスク評価が実施されることを保証するものとします.次に、機械製品は、リスク評価の結果を考慮して、関連するすべてのリスクを防止および最小化するように設計および構築されるものとします.

最初のサブパラグラフで言及されているリスク評価とリスク低減の反復プロセスにより、製造業者またはその権限のある代表者は以下を行うものとします.

(a)機械製品の制限を決定します.これには、意図された使用およびその合理的に予見可能な誤用が含まれます.

(b)機械間の相互作用から生じるリスクを決定して、それらが統合された全体として機能するように配置および制御された同じ目的を達成し、したがって、第3条、ポイント(1)、ポイント(d)で定義された機械製品を形成します.

(c)機械製品のライフサイクル中に発生する可能性のあるハザードを含む、機械製品によって生成される可能性のあるハザードおよび関連する危険な状況を特定します.さまざまなレベルの自律性で動作するように設計された機械製品の結果として、その完全にまたは部分的に進化する動作またはロジック.この点で、機械製品が人工知能システムを統合している場合、機械リスク評価では、欧州議会および欧州評議会+の規則に従って実施された人工知能システムのリスク評価を検討する必要があります.人工知能+のための1..

(d)起こりうる怪我や健康への損害の重症度とその発生の可能性を考慮に入れて、リスクを推定します.

(e)この規則の目的に従って、リスク削減が必要かどうかを判断する目的で、リスクを評価する.

(f)セクション1.1.2(b)で確立された優先順位に従って、保護措置を適用することにより、危険を排除するか、これらの危険に関連するリスクを軽減します.

2.本質的な健康と安全の要件によって定められた義務は、製造業者またはその権限のある代表者によって予見される条件下で、または予見可能な異常な状況で使用される場合、問題の機械製品に対応する危険が存在する場合にのみ適用されます.ただし、セクション1.1.2で確立された安全統合の原則、およびセクション1.7.3および1.7.4で参照されている機械製品のマーキングおよび指示に関する義務は、すべての場合に適用されます.

3.この附属書に規定されている基本的な健康と安全の要件は必須です.ただし、最新技術を考慮すると、設定された目的を達成できない場合があります.その場合、機械製品は、可能な限り、それらの目的に近づくことを目的として設計および構築されなければならない.

4.この付録は、6つの章で構成されています.最初の章は一般的な範囲であり、すべての機械製品に適用されます.他の章では、特定の種類のより具体的な危険について言及しています.それでも、関連するすべての必須要件を確実に満たすためには、この付録全体を検討することが不可欠です.機械製品を設計する際には、これらの一般原則のポイント1に従って実施されたリスク評価の結果に応じて、最初の章の要件および他の1つ以上の章の要件を考慮に入れる必要があります. .環境保護のための基本的な健康と安全の要件は、セクション2.4で言及されている機械製品にのみ適用されます.

 

1.1.本質的な健康と安全の要件

1.1.総論

1.1.1.定義

この付録の目的のために:

(a)「危険」とは、怪我や健康への損害の潜在的な原因を意味します.

(b)「危険ゾーン」とは、人が健康または安全にリスクを及ぼす可能性のある機械製品内および/またはその周辺のゾーンを意味します.

(c)「暴露された人」とは、全体的または部分的に危険区域にいる人を意味します.

(d)「オペレーター」とは、機械製品を設置、操作、調整、保守、清掃、修理、または移動する人を意味します.

(e)「リスク」とは、危険な状況で発生する可能性のある怪我または健康への損害の可能性と程度の組み合わせを意味します.

(f)「ガード」とは、物理的な障壁によって保護を提供するために特別に使用される機械製品の一部を意味します.

(g)「保護装置」とは、単独で、または警備員と組み合わせて、リスクを軽減する装置(警備員以外)を意味します.

(h)「使用目的」とは、使用説明書に記載されている情報に従った機械製品の使用を意味します.

(私)「合理的に予見可能な誤用」とは、使用説明書で意図されていない方法で機械製品を使用することを意味しますが、それは容易に予測可能な人間の行動に起因する可能性があります.

1.1.2.安全統合の原則

(a)機械製品は、その機能に適合し、予測された条件下でこれらの操作が実行されたときに人を危険にさらすことなく操作、調整、および保守できるように設計および構築されている必要がありますが、合理的に予測可能な誤用も考慮に入れてください. .保護措置の目的は、輸送、組み立て、解体、無効化、廃棄の各段階を含む、機械製品の予測可能な寿命全体にわたるリスクを排除することです.

(b)最も適切な方法を選択する際に、製造業者またはその権限のある代表者は、以下の原則を指定された順序で適用するものとします.

私.リスクを可能な限り排除または削減します(本質的に安全な機械製品の設計と建設).

II.排除できないリスクに関して必要な保護措置を講じる.

III.採用された保護手段の欠点による残留リスクをユーザーに通知し、特定のトレーニングが必要かどうかを示し、個人用保護具を提供する必要があるかどうかを指定します.

(c)機械製品を設計および構築するとき、および指示を起草するとき、製造業者またはその権限のある代表者は、機械製品の使用目的だけでなく、合理的に予見可能な誤用も想定するものとします.機械製品は、異常な使用が危険を伴う場合にその使用を防止するように設計および構築されなければならない.必要に応じて、指示は、機械製品を使用してはならない方法(経験が示す可能性がある)にユーザーの注意を引くものとします.

(d)機械製品は、個人用保護具の必要または予見可能な使用の結果としてオペレーターが受ける制約を考慮して設計および構築されなければならない.

(e)機械製品は、ユーザーが安全機能をテストできるように設計および構築され、機械製品には、すべての特別な機器および付属品が付属し、必要に応じて、特定の機能の説明が付属している必要があります.テスト、調整、保守、および安全な使用を可能にするために不可欠なテスト手順.

1.1.3.材料と製品

機械製品の製造に使用される材料、またはその使用中に使用または作成された製品は、人の安全または健康を危険にさらしてはなりません.特に、液体を使用する場合、機械製品は、充填、使用、回収、または排水によるリスクを防止するように設計および構築する必要があります.

1.1.4.点灯

機械製品には、通常の強度の周囲照明にもかかわらずリスクを引き起こす可能性がある、関連する操作に適した一体型照明が供給されるものとします.

機械製品は、妨害の原因となる可能性のある影の領域がなく、刺激的な眩しさがなく、照明による可動部品への危険なストロボ効果がないように設計および構築する必要があります.

頻繁な点検と調整が必要な内部部品、および保守エリアには、適切な照明を提供する必要があります.

1.1.5.取り扱いを容易にするための機械製品の設計

機械製品またはその各構成部品は、次のことを行うものとします.

(a)安全に取り扱い、輸送できること.

(b)安全に損傷することなく保管できるように梱包または設計されていること.

機械製品および/またはその構成部品の輸送中、機械製品および/またはその構成部品が指示に従って取り扱われている限り、不安定性による突然の動きまたは危険の可能性はありません.

機械製品またはそのさまざまな構成部品の重量、サイズ、または形状により、機械製品またはそれらが手で動かせない場合、機械製品または各構成部品は次のことを行うものとします.

(a)ギアを持ち上げるためのアタッチメントを取り付けるか、

(b)そのようなアタッチメントを取り付けることができるように設計されている、または

(c)標準のリフティングギアを簡単に取り付けることができるように形作られています.

機械製品またはその構成部品の1つを手で移動する場合は、次のいずれかを行う必要があります.

(a)簡単に移動できる、または

(b)安全に拾い上げて移動できるように装備してください.

軽量であっても危険となる可能性のある工具および/または機械製品部品の取り扱いについては、特別な手配を行う必要があります.

1.1.6.人間工学

使用目的の条件下では、次のような人間工学的原則を考慮して、オペレーターが直面する不快感、倦怠感、身体的および心理的ストレスを可能な限り最小限に抑える必要があります.

(a)オペレーターの体力、体力、スタミナの変動を考慮に入れます.

(b)オペレーターの体の部分の動きに十分なスペースを提供する.

(c)機械によって決定される作業率を回避する.

(d)長時間の集中を必要とする監視を回避する.

(e)さまざまなレベルの自律性で動作するように設計された、意図された完全または部分的に進化する動作またはロジックを備えた機械製品に関するものを含め、人間と機械製品のインターフェースをオペレーターの予測可能な特性に適合させる.

(f)さまざまなレベルの自律性で動作するように設計された、意図された完全または部分的に進化する動作またはロジックを備えた機械製品を適応させて、人々に適切かつ適切に応答し(言葉で、ジェスチャー、顔の表情、または体の動きで非言語的に)、コミュニケーションするその計画された行動(それが何をするのか、そしてその理由)をわかりやすい方法でオペレーターに.

1.1.7.操作位置

動作位置は、排気ガスおよび/または酸素不足によるリスクを回避するように設計および構築されているものとします.

機械製品がオペレーターの健康と安全にリスクをもたらす危険な環境で使用されることを意図している場合、または機械製品自体が危険な環境を引き起こす場合、オペレーターが良好な作業条件を確保するための適切な手段を提供する必要があります予見可能な危険から保護されています.

必要に応じて、操作位置には、上記の要件を満たすように設計、構築、および/または装備された適切なキャビンを取り付ける必要があります.出口は迅速な避難を可能にしなければならない.また、該当する場合は、通常の出口とは異なる方向に非常口を設ける.

1.1.8.座席

適切な場合、および作業条件が許す場合、機械製品の不可欠な部分を構成する作業ステーションは、座席の設置用に設計する必要があります.

オペレーターが操作中に座ることを意図しており、操作位置が機械製品の不可欠な部分である場合、シートには機械製品が提供されるものとします.

運転席は安定した姿勢を保つことができるものとする.さらに、シートおよび制御装置からのその距離は、操作者に適合させることができなければならない.

機械製品が振動を受ける場合、シートは、オペレーターに伝達される振動を合理的に可能な限り低いレベルに低減するように設計および構築されなければなりません.シートマウンティングは、それらが受ける可能性のあるすべての応力に耐える必要があります.オペレーターの足の下に床がない場合は、滑りにくい素材で覆われたフットレストを用意する必要があります.

1.1.9.腐敗に対する保護

機械製品は、接続されたデバイス自体の機能を介して、または機械製品と通信するリモートデバイスを介して、別のデバイスに接続しても危険な状況が発生しないように設計および構築する必要があります.

機械製品を関連する健康および安全要件に準拠させるために重要な接続用のハードウェアコンポーネントは、偶発的または意図的な破損から適切に保護されるように設計する必要があります.機械製品は、ハードウェアコンポーネントへの合法または非合法の介入の証拠を収集するものとします.

機械製品を関連する健康および安全要件に準拠させるために重要なソフトウェアおよびデータは、そのように識別され、偶発的または意図的な破損から適切に保護されるものとします.

機械製品は、安全に動作するために必要な、インストールされているソフトウェアを識別し、その情報をいつでも簡単にアクセスできる形式で提供できるものでなければなりません.

機械製品は、ソフトウェアへの合法または非合法の介入、または機械製品またはその構成にインストールされているソフトウェアの変更の証拠を収集するものとします.

1.2.制御システム

1.2.1.制御システムの安全性と信頼性

制御システムは、危険な状況が発生しないように設計および構築する必要があります.

制御システムは、次のような方法で設計および構築する必要があります.

(a)それらは、状況とリスクに適切な場合、意図された操作上のストレスと、危険な状況を作り出す第三者からの悪意のある試みを含む、意図されたおよび意図されていない外部の影響に耐えることができます.

(b)ハードウェアまたは制御システムのロジックの障害が危険な状況につながることはありません.

(c)制御システムロジックのエラーが危険な状況につながることはありません.

(d)安全機能は、機械製品のリスク評価でメーカーが定義した制限を超えて変更することはできません.安全機能の限界の確立は、機械製品またはオペレーターによって生成された設定または規則の変更を含む、製造業者によって実行されるリスク評価の一部であり、限界を超えることのできない学習段階もカバーします.リスク評価で扱われます.

(e)操作中の合理的に予見可能な人為的ミスは、危険な状況を引き起こしてはなりません.

(f)介入に関連して生成されたデータのトレースログ、および機械製品が市場に出された後またはサービスが開始された後にアップロードされた安全ソフトウェアのバージョンのトレースログは、そのようなアップロード後5年間有効になり、管轄の国内当局からの合理的な要求に加えて、この付属書を備えた機械製品.

(g)機械製品が市場に出された後、または使用された後の安全関連の意思決定プロセスに関するデータの記録が可能になり、そのようなデータは、機械製品の適合性を実証するためにのみ、収集後1年間保持されます.管轄の国家当局からの合理的な要請に加えて、この附属書とともに.

さまざまなレベルの自律性で動作するように設計された、完全にまたは部分的に進化する動作またはロジックを備えた機械製品の制御システムは、次のように設計および構築されるものとします.

(a)それらは、機械製品に、定義されたタスクおよび移動スペースを超えるアクションを実行させてはなりません.

(b)本来の安全性を維持するために、機械製品をいつでも修正できるものでなければなりません.

以下の点に特に注意を払う必要があります.

(a)機械製品が予期せず始動してはならない.

(b)機械製品のパラメータは、そのような変更が危険な状況につながる可能性がある場合、制御されていない方法で変更してはなりません.

(c)機械製品または学習フェーズもカバーするオペレーターによって生成された設定またはルールの変更は、そのような変更が危険な状況につながる可能性がある場合は防止する必要があります.

(d)停止コマンドがすでに与えられている場合、機械製品の停止を妨げてはならない.

(e)機械製品の可動部分または機械製品によって保持されている部品が落下したり、排出されたりしてはなりません.

(f)可動部品の自動または手動停止は、それらが何であれ、妨げられないものとします.

(g)保護装置は完全に有効なままであるか、停止コマンドを与えるものとします.

(h)制御システムの安全関連部分は、機械製品のアセンブリ全体に一貫した方法で適用されるものとします.

無線制御の場合、通信または接続の障害または接続の障害が危険な状況につながることはありません.

自律移動機械製品の場合、制御システムは、遠隔監視機能を使用してアクションを注文した場合でも、このセクションに記載されているように、それ自体で安全機能を実行するように設計する必要があります.

1.2.2.制御装置

制御装置は次のとおりです.

(a)必要に応じて絵文字を使用して、明確に表示および識別可能.

(b)ためらったり時間のロスがなく、曖昧さなく安全に操作できるように配置されている.

(c)制御装置の動きがその効果と一致するように設計されています.

(d)緊急停止やティーチペンダントなどの特定の制御装置に必要な場合を除き、危険ゾーンの外側に配置されている.

(e)それらの操作が追加のリスクを引き起こさないような方法で配置されている;

(f)ハザードが関係する場合に望ましい効果が意図的な行動によってのみ達成できるように設計または保護されている.

(g)かなりの力がかかりやすい非常停止装置に特に注意を払いながら、予見可能な力に耐えられるように作られています.

制御装置が複数の異なるアクションを実行するように設計および構築されている場合、つまり1対1の対応がない場合、実行されるアクションは明確に表示され、必要に応じて確認される必要があります.

制御装置は、人間工学の原則を考慮して、そのレイアウト、移動、および操作に対する抵抗が実行されるアクションと互換性があるように配置する必要があります.

機械製品には、安全な操作のために必要に応じてインジケーターを取り付ける必要があります.オペレーターは、制御位置からそれらを読み取ることができなければなりません.

各制御位置から、オペレーターは誰も危険ゾーンにいないことを確認できるか、または制御システムは、誰かが危険ゾーンにいる間は始動しないように設計および構築されている必要があります.

これらの可能性のいずれも当てはまらない場合は、機械製品が始動する前に、音響的および/または視覚的な警告信号を発するものとします.被ばくした人は、危険区域を離れるか、機械の始動を防ぐ時間があります.

必要に応じて、機械製品を1つまたは複数の所定のゾーンまたは場所にある制御位置からのみ制御できるようにする手段を提供するものとします.

複数の制御位置がある場合、制御システムは、停止制御と緊急停止を除いて、それらの1つを使用すると他の位置を使用できないように設計する必要があります.

機械製品に2つ以上の操作位置がある場合、各位置には、オペレーターがお互いを妨害したり危険な状況に陥らせたりすることなく、必要なすべての制御装置を備えなければなりません.

1.2.3.起動

目的のために設けられた制御装置を自発的に作動させることによってのみ、機械製品を始動することが可能でなければならない.

同じ要件が適用されます.

(a)原因が何であれ、停止後に機械製品を再起動するとき.

(b)動作条件に大きな変化をもたらす場合.

ただし、機械製品の再起動または運転条件の変更は、危険な状況を引き起こさないという条件で、目的のために提供された制御装置以外の装置の自発的な作動によって行われる場合があります.

自動モードで機能する機械製品の場合、危険な状況を引き起こさない限り、機械製品の始動、停止後の再起動、または動作条件の変更が介入なしで可能である場合があります.

機械製品に複数の始動制御装置があり、したがってオペレーターがお互いを危険にさらす可能性がある場合、そのようなリスクを排除するために追加の装置を取り付ける必要があります.安全上、始動および/または停止を特定の順序で実行する必要がある場合は、これらの操作が正しい順序で実行されることを保証する装置が必要です.

1.2.4.停止

1.2.4.1.通常停止

機械製品には、機械を安全に完全に停止させることができる制御装置を取り付ける必要があります.

各ワークステーションには、既存の危険に応じて、機械製品の機能の一部またはすべてを停止する制御装置を取り付けて、機械製品を安全にする必要があります.

機械製品の停止制御は、開始制御よりも優先されます.

機械製品またはその危険な機能が停止すると、関連するアクチュエータへのエネルギー供給が遮断されます.

1.2.4.2.運用停止

動作上の理由から、アクチュエータへのエネルギー供給を遮断しない停止制御が必要な場合は、停止状態を監視および維持する必要があります.

1.2.4.3.緊急停止

機械製品には、実際のまたは差し迫った危険を回避できるように、1つまたは複数の緊急停止装置を取り付ける必要があります.

次の例外が適用されます.

(a)非常停止装置が停止時間を短縮しないため、またはリスクに対処するために必要な特別な措置を講じることができないために、リスクを軽減しない機械製品.

(b)ポータブルハンドヘルドおよび/またはハンドガイド機械製品.

デバイスは次のことを行うものとします.

(a)明確に識別可能で、明確に表示され、すばやくアクセスできる制御デバイスを備えている.

(b)追加のリスクを発生させることなく、危険なプロセスを可能な限り迅速に停止します.

(c)必要に応じて、特定のセーフガード動作のトリガーまたはトリガーを許可します.

停止コマンドに続いて緊急停止装置のアクティブな動作が停止すると、そのコマンドは、緊急停止装置の係合によって、その係合が明確に無効になるまで維持されるものとします.停止コマンドをトリガーせずにデバイスを作動させることはできません.適切な操作によってのみ装置を切り離すことが可能であり、装置を切り離すことは機械製品を再起動せず、再起動のみを許可するものとします.

非常停止機能は、動作モードに関係なく、常に使用可能で動作可能でなければなりません.

非常停止装置は、他の保護手段のバックアップであり、それらに代わるものではありません.

1.2.4.4.機械製品の組み立て

機械製品または機械製品の一部が連動するように設計されている場合、非常停止装置を含む停止制御装置が機械製品自体だけでなく、機械製品自体も停止できるように機械を設計および構築する必要があります.その継続的な操作が危険である可能性がある場合は、すべての関連機器.

1.2.5.制御モードまたは動作モードの選択

選択された制御または動作モードは、緊急停止を除いて、他のすべての制御または動作モードをオーバーライドするものとします.

機械製品が、異なる保護手段および/または作業手順を必要とするいくつかの制御または操作モードで使用できるように設計および構築されている場合は、各位置でロックできるモードセレクターを取り付ける必要があります.セレクターの各位置は明確に識別可能であり、単一の操作モードまたは制御モードに対応している必要があります.

セレクターは、機械製品の特定の機能の使用を特定のカテゴリーのオペレーターに制限する別の選択方法に置き換えることができます.

特定の操作で、ガードを移動または取り外したり、保護装置を無効にして機械を操作できる場合、制御または操作モードセレクターは同時に次のことを行う必要があります.

(a)他のすべての制御モードまたは動作モードを無効にします.

(b)持続的な行動を必要とする制御装置によってのみ危険な機能の操作を許可する.

(c)リンクされたシーケンスからの危険を防ぎながら、リスクの低い状態でのみ危険な機能の操作を許可します.

(d)機械製品のセンサーに対する自発的または非自発的な行動により、危険な機能の操作を防止します.

これらの4つの条件を同時に満たすことができない場合、制御または動作モードセレクターは、安全な介入ゾーンを確保するために設計および構築された他の保護手段をアクティブにする必要があります.

さらに、オペレーターは、調整ポイントから作業中の部品の操作を制御できる必要があります.

1.2.6.電源または通信ネットワーク接続の障害

機械製品への電源または通信ネットワーク接続の中断、中断後の再確立、または変動は、危険な状況を引き起こしてはなりません.

以下に特に注意を払う必要があります.

(a)機械製品が予期せず始動してはならない.

(b)機械のパラメータは、そのような変更が危険な状況につながる可能性がある場合、制御されていない方法で変更してはなりません.

(c)停止コマンドがすでに与えられている場合、機械製品の停止を妨げてはならない.

(d)機械製品の可動部分または機械製品によって保持されている部品が落下したり、排出されたりしてはなりません.

(e)可動部品の自動または手動停止は、それらが何であれ、妨げられないものとします.

(f)保護装置は完全に有効なままであるか、停止コマンドを与えるものとします.

 

1.3.機械的リスクに対する保護

1.3.1.安定性が失われるリスク

機械製品とそのコンポーネントおよび付属品は、輸送、組み立て、解体、および機械製品に関連するその他のアクション中に転倒、落下、または制御されない動きを回避するのに十分安定している必要があります.

機械製品自体の形状またはその意図された設置が十分な安定性を提供しない場合、適切な固定手段が組み込まれ、指示に示されなければならない.

1.3.2.運転中の故障のリスク

機械製品のさまざまな部品とそれらのリンケージは、使用時に受ける応力に耐えることができなければなりません.

使用する材料の耐久性は、特に疲労、経年劣化、腐食、摩耗の現象に関して、製造業者またはその認定代理人が予測する作業環境の性質に適したものでなければなりません.

指示には、安全上の理由から必要な検査と保守の種類と頻度を示すものとします.それらは、適切な場合、摩耗する部品と交換の基準を示さなければならない.

講じた措置にもかかわらず破裂または崩壊のリスクが残る場合、関連する部品は、危険な状況を防止するために、破片が含まれるように取り付け、配置、および/または保護する必要があります.

流体を運ぶ剛性パイプと柔軟性パイプの両方、特に高圧下のパイプは、予測される内部および外部の応力に耐えることができ、破裂によるリスクがないことを保証するためにしっかりと取り付けおよび/または保護する必要があります.

処理される材料がツールに自動的に供給される場合、人へのリスクを回避するために、次の条件を満たす必要があります.

(a)ワークピースがツールに接触すると、ツールは通常の作業状態に達している必要があります.

(b)工具が(意図的または偶発的に)始動および/または停止するとき、送り動作と工具動作は調整されなければなりません.

1.3.3.落下物や放出物によるリスク

落下物や物の飛び出しによる危険を防ぐための予防措置を講じる必要があります.

1.3.4.表面、エッジ、または角度によるリスク

目的が許す限り、機械のアクセス可能な部分には、鋭いエッジ、鋭い角度、および怪我を引き起こす可能性のある粗い表面があってはなりません.

1.3.5.複合機械製品に関連するリスク

機械製品が、各操作の間に部品を手動で取り外すことでいくつかの異なる操作を実行することを意図している場合(複合機械製品)、各要素が他の要素なしで別々に使用できるように設計および構築されなければならない.被ばく者のリスクを構成します.

この目的のために、保護されていない要素を個別に開始および停止することが可能でなければなりません.

1.3.6.運転条件の変動に伴うリスク

機械製品が異なる使用条件下で操作を実行する場合、これらの条件の選択と調整が安全かつ確実に実行できるように設計および構築されなければなりません.

1.3.7.可動部分と心理的ストレスに関連するリスク

機械製品の可動部品は、事故につながる可能性のある接触のリスクを防止するように設計および構築するか、リスクが続く場合はガードまたは保護装置を取り付ける必要があります.

可動部品の偶発的な閉塞を防ぐために、必要なすべての措置を講じる必要があります.予防措置を講じても閉塞が発生する可能性がある場合は、必要に応じて、機器の閉塞を安全に解除できるように、必要な特定の保護装置およびツールを提供する必要があります.

指示および可能な場合は機械製品の標識は、これらの特定の保護装置とそれらの使用方法を特定するものとします.

機械との相互作用によって引き起こされる可能性のある危険な状況および心理的ストレスにつながる接触のリスクの防止は、以下に適合しなければならない.

(a)直接のコラボレーションなしの共有スペースでの人間と機械の共存.

(b)人間と機械の相互作用.

さまざまなレベルの自律性で動作するように設計された、完全にまたは部分的に進化する動作またはロジックを備えた機械製品は、人々に適切かつ適切に応答し(言葉で、またはジェスチャー、顔の表情、または体の動きで非言語的に)、オペレーターにわかりやすい方法で計画されたアクション(何をするのか、そしてその理由).

1.3.8.可動部品から生じるリスクに対する保護の選択

可動部品から生じるリスクから保護するように設計されたガードまたは保護装置は、リスクのタイプに基づいて選択する必要があります.以下のガイドラインは、選択を支援するために使用されるものとします.

1.3.8.1.可動トランスミッション部品

トランスミッション部品の可動によって発生する危険から人を保護するように設計されたガードは、次のとおりです.

(a)セクション1.4.2.1で言及されている固定ガード、または

(b)セクション1.4.2.2で言及されているように可動ガードを連動させる.

頻繁にアクセスすることが想定される場合は、連動する可動ガードを使用する必要があります.

1.3.8.2.プロセスに関与する可動部品

プロセスに関与する可動部品によって発生する危険から人を保護するように設計されたガードまたは保護装置は、次のとおりです.

(a)セクション1.4.2.1で言及されている固定ガード、または

(b)セクション1.4.2.2で言及されている可動ガードのインターロック、または

(c)セクション1.4.3で言及されている保護装置、または

(d)上記の組み合わせ.

ただし、オペレーターの介入が必要な操作のために、プロセスに直接関与する特定の可動部品に操作中に完全にアクセスできないようにすることができない場合、そのような部品には以下を取り付ける必要があります.

(a)作業で使用されていない部品のセクションへのアクセスを防止する固定ガードまたは連動可動ガード、および

(b)セクション1.4.2.3で言及されている調整可能なガードは、アクセスが必要な可動部品のセクションへのアクセスを制限します.

1.3.9.制御されていない動きのリスク

機械製品の一部が停止した場合、制御装置への作用以外の理由で停止位置からのずれを防止するか、危険を伴わないものとします.

1.4.ガードと保護装置に必要な特性

1.4.1.一般的な要件

警備員と保護装置は次のことを行うものとします.

(a)頑丈な構造であること.

(b)しっかりと固定されている.

(c)追加の危険を引き起こさない;

(d)バイパスしたり、動作しなくなったりするのは簡単ではありません.

(e)危険ゾーンから適切な距離に配置する.

(f)製造プロセスの視界への妨害を最小限に抑えます.

(g)可能であれば、ガードを取り外したり、保護装置を取り外したりせずに、作業を行う必要のある領域にのみアクセスを制限することにより、ツールの設置および/または交換やメンテナンスの目的で重要な作業を実行できるようにします.無効になります.

さらに、警備員は、可能な場合、材料または物体の放出または落下、および機械製品によって生成される放出から保護するものとします.

1.4.2.警備員のための特別な要件

1.4.2.1.固定ガード

固定ガードは、工具でのみ開閉できるシステムで固定する必要があります.

それらの固定システムは、ガードが取り外されたとき、ガードまたは機械製品に取り付けられたままでなければなりません.

可能な場合、警備員は固定せずにその場に留まることはできません.

1.4.2.2.可動ガードの連動

連動する可動ガードは、次のことを行うものとします.

(a)開いたとき、可能な限り機械製品に取り付けられたままにします.

(b)意図的な行動によってのみ調整できるように設計および構築されていること.

インターロッキング可動ガードは、次のようなインターロッキング装置に関連付けられているものとします.

(a)危険な機械製品の機能の開始を、それらが閉じられるまで防止し、

(b)それらが閉じられなくなったときはいつでも停止コマンドを与えます.

危険な機械製品の機能によるリスクがなくなる前にオペレーターが危険ゾーンに到達する可能性がある場合、可動ガードは、次のようなインターロック装置に加えて、ガードロック装置に関連付けられるものとします.

(a)ガードが閉じてロックされるまで、危険な機械製品の機能の開始を防ぎ、

(b)危険な機械製品の機能による怪我のリスクがなくなるまで、ガードを閉じてロックしたままにします.

インターロッキング可動ガードは、それらのコンポーネントの1つがないか故障すると、危険な機械製品の機能の開始または停止を妨げるように設計する必要があります.

1.4.2.3.アクセスを制限する調整可能なガード

作業に厳密に必要な可動部品のこれらの領域へのアクセスを制限する調整可能なガードは、次のとおりです.

(a)関係する作業の種類に応じて、手動または自動で調整可能.そして

(b)ツールを使用せずに簡単に調整できます.

1.4.3.保護装置の特別な要件

保護装置は、次のように設計され、制御システムに組み込まれるものとします.

(a)可動部品は、オペレーターの手の届く範囲にある間は起動できません.

(b)部品が動いている間、人は可動部品に到達できず、

(c)コンポーネントの1つが存在しないか故障していると、可動部品の始動または停止が妨げられます.

保護装置は、意図的な行動によってのみ調整可能でなければならない.

1.5.その他の原因によるリスク

1.5.1.電力供給

機械製品に電力が供給されている場合、電気的性質のすべての危険を防止できるように、または防止できるように設計、構築、および装備する必要があります.

指令2014/35 / EUに定められた安全目標は、機械製品に適用されるものとします.ただし、電気的リスクに関する適合性評価および市場への投入および/または機械製品の使用に関する義務は、この規則のみに準拠します.

1.5.2.静電気

機械製品は、潜在的に危険な静電荷の蓄積を防止または制限するように、および/または放電システムを装備するように設計および構築されなければなりません.

1.5.3.電気以外のエネルギー供給

機械製品が電気以外のエネルギー源から電力を供給されている場合、そのようなエネルギー源に関連するすべての潜在的なリスクを回避するように設計、構築、および装備されているものとします.

1.5.4.フィッティングのエラー

リスクの原因となる可能性のある特定の部品の取り付けまたは取り付け時に発生する可能性のあるエラーは、そのような部品の設計および構造によって、またはこれに失敗した場合は、部品自体および/またはそのハウジングに関する情報によって不可能になります.リスクを回避するために移動方向を知る必要がある可動部品および/またはそれらのハウジングについても同じ情報を提供するものとします.

必要に応じて、指示はこれらのリスクに関する詳細情報を提供するものとします.

障害のある接続がリスクの原因となる可能性がある場合、誤った接続は、設計によって、またはこれに失敗した場合は、接続する要素および適切な場合は接続手段に関する情報によって不可能になります.

1.5.5.極端な温度

高温または非常に低温での機械製品の部品または材料との接触または近接から生じる傷害のリスクを排除するための措置を講じる必要があります.

高温または非常に低温の物質が排出されるリスクを回避または保護するために、必要な措置も講じる必要があります.

1.5.6.火

機械製品は、機械製品自体、または機械製品によって生成または使用されるガス、液体、ほこり、蒸気、またはその他の物質によって引き起こされる火災または過熱のリスクを回避するように設計および構築されるものとします.

1.5.7.爆発

機械製品は、機械製品自体、または機械製品によって生成または使用されるガス、液体、粉塵、蒸気、またはその他の物質によって引き起こされる爆発のリスクを回避するように設計および構築されているものとします.

機械製品は、爆発の可能性のある雰囲気での使用による爆発のリスクに関する限り、特定の連合調和法の規定に準拠するものとします.

1.5.8.ノイズ

機械製品は、技術の進歩と、特に発生源での騒音を低減する手段の利用可能性を考慮して、空中騒音の放出に起因するリスクが最低レベルに低減されるように設計および構築されなければならない.

騒音放出のレベルは、同様の機械製品の比較放出データを参照して評価することができます.

1.5.9.振動

機械製品は、技術の進歩と、特に発生源での振動を低減する手段の利用可能性を考慮して、機械製品によって発生する振動に起因するリスクが最小レベルに低減されるように設計および構築されなければならない.

振動放出のレベルは、同様の機械製品の比較放出データを参照して評価することができます.

1.5.10.放射線

機械製品からの望ましくない放射線放出は、人に悪影響を及ぼさないレベルまで排除または削減する必要があります.

機能的な電離放射線の放出は、設定、操作、および洗浄中に機械製品が適切に機能するのに十分な最低レベルに制限されるものとします.リスクが存在する場合は、必要な保護措置を講じる必要があります.

設置、操作、および清掃中の機能的な非電離放射線の放出は、人に悪影響を及ぼさないレベルに制限されるものとします.

1.5.11.外部放射線

機械製品は、外部放射線がその動作を妨げないように設計および構築されなければならない.

1.5.12.レーザー放射

レーザー機器を使用する場合は、次の点を考慮してください.

(a)機械製品のレーザー機器は、偶発的な放射線を防止するように設計および構築されているものとします.

(b)機械製品のレーザー機器は、有効な放射線、反射または拡散によって生成される放射線、および二次放射線が健康を害しないように保護されなければならない.

(c)機械製品のレーザー機器を観察または調整するための光学機器は、レーザー放射によって健康上のリスクが生じないようなものでなければならない.

1.5.13.有害物質および有害物質の排出

機械製品は、吸入、経口摂取、皮膚、目、粘膜との接触、およびそれが生成する危険物や物質の皮膚への浸透のリスクを回避できるように設計および構築されなければならない.

リスクを排除できない場合、機械製品は、危険物および物質を封じ込め、捕獲し、排気し、水噴霧によって沈殿させ、ろ過し、または別の同様に効果的な方法で処理できるように装備する必要があります.

機械製品の通常の操作中にプロセスが完全に密閉されていない場合、封じ込めまたは捕捉、ろ過または分離および排出のための装置は、最大の効果を発揮するように配置する必要があります.

1.5.14.機械に閉じ込められる危険性

機械製品は、人がその中に閉じ込められるのを防ぐ手段、またはそれが不可能な場合は助けを呼ぶ手段を備えて設計、構築、または取り付けられなければならない.

1.5.15.滑ったり、つまずいたり、転倒したりする危険があります

人が動き回ったり立ったりしやすい機械製品の部品は、人がこれらの部品に滑り落ちたり、つまずいたり、落下したりしないように設計および構築されているものとします.

必要に応じて、これらの部品には、ユーザーに対して固定され、安定性を維持できるようにする手すりを取り付ける必要があります.

1.5.16.ライトニング

使用中に雷の影響から保護する必要のある機械製品には、結果として生じる電荷をアースに伝導するためのシステムを取り付ける必要があります.

1.6.メンテナンス

1.6.1.機械製品のメンテナンス

調整および保守ポイントは、危険ゾーンの外側に配置する必要があります.機械製品が停止している間に、調整、保守、修理、清掃、および整備作業を実行できるものとします.

技術的な理由で上記の条件の1つ以上を満たせない場合は、これらの操作を安全に実行できるように対策を講じる必要があります(セクション1.2.5を参照).

自動化された機械および必要に応じて他の機械製品の場合、診断故障検出装置を取り付けるための接続装置が提供されなければならない.

頻繁に交換する必要のある自動機械部品は、簡単かつ安全に取り外しおよび交換できるものでなければなりません.コンポーネントへのアクセスにより、指定された操作方法に従って、必要な技術的手段でこれらのタスクを実行できるようにする必要があります.

1.6.2.操作位置とサービスポイントへのアクセス

機械は、機械の操作、調整、保守、および清掃中に介入が必要なすべての領域に安全にアクセスできるように設計および構築されているものとします.

人が操作、調整、保守、または清掃のために立ち入る機械の場合、機械へのアクセスは、人のタイムリーな救助が保証されるように、救助設備の使用に合わせて寸法が決められ、適合されているものとします.

1.6.3.エネルギー源の分離

機械製品には、それをすべてのエネルギー源から隔離する手段を備えなければならない.そのようなアイソレータは明確に識別されなければならない.再接続によって人が危険にさらされる可能性がある場合は、ロックできる必要があります.アイソレータは、オペレータがアクセスできるポイントから、エネルギーがまだ遮断されていることを確認できない場合にロックすることもできます.

電源に差し込むことができる機械製品の場合、オペレーターがアクセスできる任意の場所からプラグが取り外されたままであることを確認できれば、プラグの取り外しで十分です.

エネルギーが遮断された後、人に危険を及ぼすことなく、機械製品の回路に残っている、または蓄積されているエネルギーを通常どおりに放散することが可能でなければなりません.

前の段落で規定された要件の例外として、特定の回路は、たとえば、部品の保持、情報の保護、室内の照明などのために、エネルギー源に接続されたままになる場合があります.この場合、特別な手順を実行する必要があります.オペレーターの安全を確保するために取られました.

1.6.4.オペレーターの介入

機械製品は、オペレーターの介入の必要性が制限されるように設計、構築、および装備されているものとします.オペレーターの介入が避けられない場合、それを簡単かつ安全に実行することが可能でなければならない.

1.6.5.内部部品のクリーニング

機械は、危険物質または調剤を含む内部部品をそれらに侵入することなく洗浄できるように設計および構築されなければならない.必要なブロック解除は、外部​​からも可能でなければなりません.機械への侵入を避けることが不可能な場合は、安全に清掃できるように設計および構築する必要があります.

1.7.情報

1.7.1.機械製品に関する情報と警告

機械製品に関する情報と警告は、わかりやすい記号または絵文字の形で提供することが望ましい.

1.7.1.1.情報および情報デバイス

機械製品を管理するために必要な情報は、明確で理解しやすい形式で提供されるものとします.オペレーターに過負荷をかけるほど過度であってはなりません.

視覚的表示装置またはオペレーターと機械製品間のその他の対話型通信手段は、容易に理解され、使いやすいものでなければなりません.

1.7.1.2.警告装置

監視されていない機械製品の操作の障害によって人の健康と安全が危険にさらされる可能性がある場合、機械製品は、警告として適切な音響または光信号を発するように装備されているものとします.

機械製品に警告装置が装備されている場合、これらは明確で容易に認識できるものでなければなりません.オペレーターは、そのような警告装置の動作を常にチェックする設備を備えていなければならない.

色と安全信号に関する特定の連合法の要件に準拠する必要があります.

1.7.2.残存リスクの警告

固有の安全設計措置、保護措置、および補完的な保護措置が採用されているにもかかわらずリスクが残っている場合は、警告装置を含む必要な警告を提供する必要があります.

1.7.3.機械製品のマーキング

すべての機械製品は、以下の最小限の詳細で、目に見えて、読みやすく、消えないようにマークされなければなりません.

(a)製造業者の商号と完全な住所、および該当する場合はその正式な代表者.

(b)機械製品の指定;

(c)CEマーキング;

(d)シリーズまたはタイプの指定.

(e)シリアル番号(ある場合).

(f)建設年、つまり製造工程が完了した年.

CEマークを貼付する際に、機械製品の日付を変更することは禁止されています.

さらに、爆発の可能性のある雰囲気で使用するために設計および製造された機械製品には、それに応じてマークを付ける必要があります.

機械製品には、そのタイプに関連し、安全に使用するために不可欠な完全な情報も含まれている必要があります.このような情報は、セクション1.7.1に記載されている要件の対象となります.

機械製品の部品が吊り上げ装置で使用中に取り扱われる場合、その質量は読みやすく、消えないように、そして明確に示されなければならない.

1.7.4.指示

機械製品に付随する指示は、「元の指示」または「元の指示の翻訳」のいずれかであるものとします.この場合、翻訳には元の指示が添付されるものとします.

例外として、製造業者またはその権限のある代表者によって義務付けられた専門の担当者が使用することを目的とした保守手順は、専門の担当者が理解できる連合の1つの公用語でのみ提供できます.

指示はデジタル形式で提供される場合があります.ただし、機械製品の購入時の購入者の要求に応じて、説明書は紙の形式で無料で提供されるものとします.

指示がデジタル形式で提供される場合、製造業者は以下を行うものとします.

(a)機械製品および付属の紙に、デジタル指示にアクセスする方法をマークします.

(b)指示のどのバージョンが機械製品モデルに対応するかを明確に説明します.

(c)エンドユーザーが指示をダウンロードして電子デバイスに保存できる形式で提示されるため、特にマシンの故障時にいつでもアクセスできます.この要件は、取扱説明書が機械製品のソフトウェアに組み込まれている機械製品にも適用されます.指示の起草のための一般原則

1.7.4.1.指示の起草のための一般原則

(a)指示は、連合の1つまたは複数の公用語で起草されるものとします.「元の指示」という言葉は、製造元またはその正式な代表者によって検証された言語バージョンに表示されるものとします.

(b)機械製品が使用される加盟国の公用語に「元の指示」が存在しない場合、その言語への翻訳は、製造業者またはその正式な代表者によって提供されるものとします.機械製品を問題の言語領域に持ち込む人.翻訳には、「元の指示の翻訳」という言葉が含まれているものとします.

(c)指示の内容は、機械製品の使用目的だけでなく、合理的に予見可能な誤用も考慮に入れるものとします.

(d)専門家以外のオペレーターが使用することを目的とした機械製品の場合、使用説明書の文言とレイアウトは、そのようなオペレーターに合理的に期待できる一般教育と洞察力のレベルを考慮に入れるものとします.

1.7.4.2.説明書の内容

1.各取扱説明書には、該当する場合、少なくとも以下の情報が含まれているものとします.

(a)製造業者の商号と完全な住所、および該当する場合はその正式な代表者の住所.

(b)シリアル番号を除き、機械製品自体にマークされている機械製品の指定(セクション1.7.3を参照).

(c)EU適合宣言、またはEU適合宣言の内容を記載した文書で、必ずしもシリアル番号と署名を含まない機械製品の詳細、またはEU適合宣言が可能なインターネットアドレスを示す文書アクセスしました.

(d)機械製品の一般的な説明.

(e)機械製品の使用、保守、修理、およびその正しい機能の確認に必要な図面、図、説明、および説明.

(f)オペレーターが占有する可能性のあるワークステーションの説明.

(g)機械製品の使用目的の説明.

(h)経験上示されている機械製品の使用方法に関する警告が発生する可能性があります.

(私)図面、図、取り付け方法、および機械製品を取り付けるシャーシまたは取り付けの指定を含む、組み立て、取り付け、および接続の手順.

(j)騒音や振動を低減するための設置と組み立てに関する指示.

(k)機械製品の使用と使用に関する指示、および必要に応じて、オペレーターのトレーニングに関する指示.

(l)採用された固有の安全設計措置、保護措置、および補完的保護措置にもかかわらず残っている残留リスクに関する情報.

(m)必要に応じて、提供される個人用保護具を含む、ユーザーが講じる保護措置に関する指示.

(n)機械製品に取り付けられる可能性のあるツールの本質的な特性.

(o)機械製品が、使用、輸送、組み立て、使用停止時の解体、テスト、または予測可能な故障時の安定性の要件を満たしている条件.

(p)輸送、取り扱い、保管の操作を安全に行うことができるようにするための指示.機械製品と、これらが定期的に別々に輸送されるさまざまな部品の質量を示します.

(q)事故や故障が発生した場合に従うべき操作方法.閉塞が発生する可能性がある場合は、機器の閉塞を安全に解除できるようにするための操作方法に従う必要があります.

(r)ユーザーが実行する必要のある調整および保守操作の説明と、機械製品の設計および使用を考慮して遵守する必要のある予防保守措置. 

(s)これらの操作中に取られるべき保護措置を含む、調整と保守を安全に実行できるように設計された指示.

(t)オペレーターの健康と安全に影響を与える場合に使用するスペアパーツの仕様.

(u)空中騒音放出に関する以下の情報:

私.ワークステーションでのA加重放出音圧レベル.これは70dB(A)を超えます.このレベルが70dB(A)を超えない場合、この事実を示すものとします.

II.ワークステーションでのピークC加重瞬間音圧値.これは63Pa(20 µPaに対して130 dB)を超えます.

III.ワークステーションでのA加重放出音圧レベルが80dB(A)を超える、機械製品によって放出されるA加重音響パワーレベル.

これらの値は、問題の機械製品について実際に測定された値、または製造される機械製品を代表する技術的に同等の機械製品に対して行われた測定に基づいて確立された値のいずれかでなければなりません.

非常に大きな機械製品の場合、A加重音響パワーレベルの代わりに、機械製品の周囲の指定された位置でのA加重放出音圧レベルが示される場合があります.

第17条(3)に従って委員会が採用した統一基準または技術仕様を適用できない場合、騒音レベルは、機械製品に最も適切な方法を使用して測定するものとします.音の放出値が示されている場合は常に、これらの値を取り巻く不確かさを指定する必要があります.測定中の機械製品の動作条件と使用した測定方法を説明する必要があります.

ワークステーションが定義されていない、または定義できない場合、A加重音圧レベルは、機械製品の表面から1メートルの距離で、床またはアクセスプラットフォームから1、6メートルの高さで測定する必要があります. .最大音圧の位置と値を表示するものとします.

騒音低減機械製品に関しては、指示は、適切な場合、その機器を正しく組み立てて設置する方法を指定するものとします(セクション1.7.4.2(1)、ポイント(j)も参照).

特定の連合法が音圧レベルまたは音響パワーレベルの測定に関する他の要件を定めている場合、それらの法的行為が適用され、このセクションの対応する規定は適用されないものとします.

(v)機械製品が非電離放射線を放出する可能性があり、人、特にアクティブまたは非アクティブの埋め込み型医療機器を使用している人、オペレーターおよび被ばくした人に放出される放射線に関する情報に害を及ぼす可能性がある場合.

(w)機械製品の設計により、機械製品からの有害物質の排出が許可されている場合、捕獲、ろ過、または排出装置の特性(そのような装置が機械製品に付属していない場合)、および次のいずれか.

私.機械製品からの危険物および物質の排出の流量、

II.機械製品または機械製品で使用される材料または物質に由来する機械製品の周囲の危険物または物質の濃度、

III.捕捉またはろ過装置の有効性、およびその有効性を長期間維持するために観察される条件.

最初のサブパラグラフで言及されている値は、問題の機械製品について実際に測定されるか、最先端技術を代表する技術的に比較可能な機械製品に関する測定に基づいて確立されるものとします.

1.7.4.3.販売資料

機械製品を説明する販売資料は、健康と安全の側面に関する指示と矛盾してはなりません.機械製品の性能特性を説明する販売資料には、指示に含まれているのと同じ排出量に関する情報が含まれている必要があります.

2.2.機械製品の特定のカテゴリーに対する補足的な必須の健康および安全要件

食品機械、化粧品または医薬品用の機械、手持ちおよび/または手作業による機械、携帯用固定およびその他の衝撃機械、同様の物理的特性を備えた木材および材料を加工するための機械、および農薬散布用の機械は、すべての基本的な健康を満たし、この章で説明されている安全要件(一般原則、ポイント4を参照).

2.1.食品製造機械および化粧品または医薬品用の機械

2.1.1.一般

食品または化粧品または医薬品での使用を目的とした機械は、感染、病気、または伝染のリスクを回避するように設計および構築されなければなりません.

以下の要件を遵守する必要があります.

(a)食品、化粧品、または医薬品と接触している、または接触することを意図している材料は、関連する連合の法律に定められた条件を満たすものとします.機械は、これらの材料を使用する前に洗浄できるように設計および構築する必要があります.これが不可能な場合は、使い捨て部品を使用するものとします.

(b)使い捨て部品の表面を除き、食品、化粧品、または医薬品と接触するすべての表面は、次のことを行うものとします.

私.滑らかで、有機物を宿す可能性のある尾根や隙間がありません.同じことが彼らの参加にも当てはまります.

II.アセンブリの突起、エッジ、およびくぼみを最小限に抑えるように設計および構築する.

III.簡単に分解できる部品を取り外した後、必要に応じて簡単に清掃および消毒できます.内面は、徹底的な洗浄を可能にするのに十分な半径の曲線を持たなければならない.

(c)食品、化粧品、または医薬品、ならびに洗浄、消毒、およびすすぎ液に由来する液体、ガス、およびエアロゾルが、機械から完全に排出される可能性があります(可能な場合は「洗浄」位置).

(d)機械は、物質または生物、特に昆虫が、洗浄できない領域に侵入したり、有機物が蓄積したりしないように設計および構築されているものとします.

(e)機械は、使用する潤滑剤を含む健康に有害な補助物質が食品、化粧品、または医薬品と接触しないように設計および構築されなければなりません.必要に応じて、この要件への継続的な準拠を確認できるように機械を設計および構築する必要があります.

2.1.2.指示

食品機械および化粧品または医薬品で使用する機械の説明書には、簡単にアクセスできる場所だけでなく、アクセスが不可能または推奨されない場所についても、推奨される製品および洗浄、消毒、すすぎの方法を示す必要があります.

2.2.ポータブルハンドヘルドおよび/またはハンドガイド付き機械

2.2.1.一般

ポータブルハンドヘルドおよび/またはハンドガイド機械は、次のことを行うものとします.

(a)機械の種類に応じて、十分なサイズの支持面を持ち、適切なサイズの十分な数のハンドルとサポートを持ち、意図した動作条件下で機械の安定性を確保するように配置します.

(b)技術的に不可能な場合、または独立した制御装置がある場合を除き、完全に安全に解放できないハンドルの場合は、操作者が解放せずに操作できるように配置された手動の始動および停止制御装置を取り付けます.ハンドル;

(c)オペレーターがハンドルを離した後、誤って始動したり、操作を継続したりするリスクはありません.この要件が技術的に実現可能でない場合は、同等の手順を実行する必要があります.

(d)必要に応じて、危険ゾーンと、処理中の材料に対するツールの動作を視覚的に観察できるようにします.

(e)有害物質の排出を捕捉または削減するための抽出接続出口または同等のシステムを備えた装置または接続された排気システムを備えている.この要件は、その適用が新たなリスクの発生をもたらす場合には適用されません.機械の主な機能は、有害物質の噴霧と内燃機関の排出です.ポータブル機械のハンドルは、始動と停止が簡単になるように設計および構築する必要があります.

2.2.1.1.指示

指示は、加速度(m / s 2 )として表され、携帯型のハンドヘルドおよびハンドガイド式の機械によって伝達される振動に関する次の情報を提供するものとします.

(a)ハンドアームシステムが受ける連続振動からの振動合計値.

(b)ハンドアームシステムが受ける繰り返しの衝撃振動による加速度のピーク振幅の平均値.

(c)両方の測定の不確かさ.

最初のサブパラグラフで言及されている値は、問題の機械について実際に測定された値、または最先端技術を代表する技術的に比較可能な機械製品に関する測定に基づいて確立された値のいずれかでなければなりません.

第17条(3)に従って委員会が採用した統一規格または技術仕様を適用できない場合、振動データは、機械に最も適切な測定コードを使用して測定するものとします.

測定中の動作条件と測定に使用される方法、または適用される調和規格の参照を指定する必要があります.

2.2.2.ポータブル固定およびその他の衝撃機械

2.2.2.1.一般

ポータブル固定およびその他の衝撃機械は、次のように設計および構築する必要があります.

(a)エネルギーは、デバイスを離れない中間コンポーネントによって影響を受ける要素に伝達されます.

(b)機械が母材に適切な圧力をかけて正しく配置されていない限り、有効化装置が衝撃を防ぎます.

(c)不本意なトリガーが防止されます.必要に応じて、衝撃を誘発するために、有効化デバイスと制御デバイスに対する適切な一連のアクションが必要です.

(d)取り扱い中または衝撃の場合の偶発的なトリガーが防止されます.

(e)ロードおよびアンロード操作は、簡単かつ安全に実行できます.

必要に応じて、デバイスに破片ガードを取り付けることが可能であり、適切なガードが機械の製造元によって提供されるものとします.

2.2.2.2.指示

指示は、以下に関する必要な情報を提供するものとします.

(a)機械で使用できる付属品および交換可能な機器.

(b)機械で使用される適切な固定またはその他の影響を受ける要素.

(c)必要に応じて、使用する適切なカートリッジ.

 

2.3.同様の物理的特性を備えた木材および材料を加工するための機械

同様の物理的特性を備えた木材および材料を加工するための機械は、以下の要件に準拠するものとします.

(a)機械は、機械加工される部品を安全に配置およびガイドできるように設計、構築、または装備されているものとします.ピースがワークベンチに手で保持されている場合、ワークベンチは作業中に十分に安定していて、ピースの動きを妨げてはなりません.

(b)機械がワークピースまたはその一部の排出のリスクを伴う状況で使用される可能性がある場合、そのような排出を防止するように、またはそれが不可能な場合は、そのような排出を防止するように設計、構築、または装備するものとします.排出がオペレーターおよび/または被ばくした人にリスクを引き起こさないようにするため.

(c)機械には、ツールが停止しているときにツールと接触するリスクがある場合に、ツールを十分に短時間で停止する自動ブレーキが装備されている必要があります.

(d)ツールが完全に自動化されていない機械に組み込まれている場合、機械は偶発的な怪我のリスクを排除または低減するように設計および構築されなければなりません.

2.4.植物保護製品アプリケーション用の機械

2.4.1.定義

「植物保護製品用途の機械」とは、欧州議会および理事会2の規則(EC)No 1107/2009の第2条(1)の意味の範囲内で植物保護製品を適用することを特に意図した機械を意味します.

2.4.2.一般

農薬散布用機械の製造業者またはその権限のある代表者は、一般原則で言及されているリスク評価およびリスク低減のプロセスに従って、農薬への環境の意図しない曝露のリスクについて評価が実施されることを保証するものとします. 、ポイント1.

農薬散布用の機械は、最初のサブパラグラフで言及されたリスク評価の結果を考慮して設計および構築され、環境が農薬に意図せずさらされ​​ることなく機械を操作、調整、および維持できるようにするものとします.

漏れは常に防止しなければならない.

2.4.3.制御と監視

農薬散布を操作位置から簡単かつ正確に制御、監視、および即時停止することが可能でなければならない.

2.4.4.充填と排出

機械は、必要な量の農薬の正確な充填を容易にし、農薬のこぼれを防ぎ、そのような作業中の水源の汚染を回避しながら、簡単かつ完全に空にすることを確実にするように設計および構築されなければならない.

2.4.5.農薬の使用

2.4.5.1.応募率

機械には、適用率を簡単、正確、確実に調整する手段が装備されているものとします.

2.4.5.2.農薬の分布、沈着、ドリフト

機械は、農薬が対象地域に確実に堆積し、他の地域への損失を最小限に抑え、農薬の環境への漂流を防ぐように設計および構築されなければならない.必要に応じて、均一な分布と均一な堆積を確保する必要があります.

2.4.5.3.テスト

機械の関連部品がセクション2.4.5.1および2.4.5.2に規定された要件に準拠していることを確認するために、製造業者またはその権限のある代表者は、関係する機械のタイプごとに、適切なテストを実行するか、実行されたテスト.

2.4.5.4.停止中の損失

機械は、農薬散布機能が停止している間の損失を防ぐように設計および構築されなければならない.

2.4.6.メンテナンス

2.4.6.1.クリーニング

機械は、環境を汚染することなく簡単かつ徹底的に洗浄できるように設計および構築されているものとします.

2.4.6.2.整備

機械は、環境を汚染することなく摩耗した部品の交換を容易にするように設計および構築されなければなりません.

2.4.7.検査

必要な測定器を機械に簡単に接続して、機械が正しく機能しているかどうかを確認できるようにする必要があります.

2.4.8.ノズル、ストレーナー、フィルターのマーキング

ノズル、ストレーナー、フィルターには、タイプとサイズを明確に識別できるようにマークを付ける必要があります.

2.4.9.使用中の農薬の表示

必要に応じて、機械には、オペレーターが使用中の農薬の名前を配置できる特定の取り付け具を取り付ける必要があります.

2.4.10.指示

指示は、以下の情報を提供するものとします.

(a)環境の汚染を回避するために、混合、装填、塗布、空にする、洗浄、整備、および輸送作業中に取るべき予防措置.

(b)他の地域への損失を最小限に抑えながら、対象地域への農薬の沈着を確実にし、環境への漂流を防ぎ、必要に応じて均一な分布を確保するために必要な対応する準備と調整を含む、想定されるさまざまな操作環境の詳細な使用条件農薬の均一な沈着;

(c)機械で使用できるノズル、ストレーナー、フィルターの種類とサイズの範囲.

(d)ノズル、ストレーナー、フィルターなど、機械の正しい機能に影響を与える摩耗の影響を受ける部品のチェックの頻度と交換の基準および方法.

(e)機械の正しい機能を保証するために必要な校正、日常のメンテナンス、冬の準備、およびその他のチェックの仕様.

(f)機械の誤った機能を引き起こす可能性のある農薬の種類.

(g)セクション2.4.9で言及されている特定の取り付け具で使用されている農薬の名前をオペレーターが更新し続ける必要があることの表示.

(h)特別な機器や付属品の接続と使用、および必要な予防措置.

(私)欧州議会および理事会3の指令2009/128 / ECに規定されているように、機械が指定機関による定期検査の国内要件の対象となる可能性があることの表示.

(j)機械の機能.正しく機能していることを確認するために検査する必要があります.

(k)必要な測定器を接続するための指示.

3.3.機械の可動性に起因するリスクを相殺するための補足的な必須の健康および安全要件

可動性に起因するリスクを示す機械は、この章で説明されているすべての基本的な健康と安全の要件を満たしている必要があります(一般原則、ポイント4を参照).

3.1.一般

3.1.1.定義

(a)「機動性のためにリスクをもたらす機械」とは

私.作業中の可動性、または一連の固定作業場所間の連続的または半連続的な移動のいずれかを必要とする機械、または

II.動かさずに操作できるが、ある場所から別の場所へより簡単に移動できるように装備されている可能性のある機械.

(b)「運転手」とは、機械によって輸送されるか、または徒歩で機械に同行するか、遠隔制御によって機械を誘導するか、または自律移動機械製品に関係なく遠隔監視することができる、機械の移動の責任者を意味します.距離と制御通信の手段.

(c)「自律移動機械」とは、自律モードを備えた移動機械を意味します.このモードでは、移動機械のすべての重要な安全機能が、オペレーターの永続的な対話なしに、その移動および作業操作領域で保証されます.

3.2.作業位置

3.2.1.運転位置

運転位置からの視界は、運転者が自分自身と被ばくした人が予見可能な使用条件で機械とその工具を完全に安全に操作できるようなものでなければなりません.必要に応じて、不適切な直視によるリスクを是正するために適切な装置を提供するものとします.

ドライバーが輸送される機械は、運転位置から、車輪やトラックとの不注意な接触によるドライバーへのリスクがないように設計および構築されなければならない.

乗用運転者の運転位置は、リスクを増大させず、その余地がある場合に限り、運転室が取り付けられるように設計および構築されなければならない.キャブには、ドライバーに必要な指示のための場所を組み込む必要があります.

3.2.2.座席

特にセクション3.4.3またはセクション3.4.3で言及されている保護構造を備えた機械の場合、機械が転倒または転倒した場合に、機械によって輸送されるオペレーターまたは他の人が機械の部品と周囲の間で押しつぶされる危険性がある場合. 3.4.4、機械は、操作に必要な動きまたは座席の吊り下げによって引き起こされる構造に対する動きを制限することなく、人を座席または保護構造に保持するように設計または拘束システムを備えているものとします.そのような拘束システムまたは規定は、それらがリスクを増大させる場合には適合されてはならない.

拘束システムが作動していないときにドライバーに警告する視覚的または聴覚的信号が運転位置に提供されなければならない.

3.2.3.他の人のためのポジション

使用条件により、運転手以外の人が時折または定期的に機械によって輸送または作業できる場合は、危険を冒さずに輸送または作業できる適切な位置を提供する必要があります.

セクション3.2.1の2番目と3番目のサブパラグラフは、運転手以外の人に提供される場所にも適用されます.

3.2.4.監視制御機能

自律移動機械製品は、自律モードに固有の監視制御機能を備えている必要があります.この機能により、オペレーターは機械からリモートで情報を受け取ることができます.監視制御機能は、マシンをリモートで停止および開始するアクションのみを許可するものとします.ドライバーが機械の動きと作業領域を直接または間接的に見ることができ、保護装置が作動している場合にのみ、これらのアクションを許可するように設計および構築されているものとします.

監視制御機能がアクティブなときにドライバーが機械から受け取る情報により、ドライバーは、移動および作業領域での機械の操作、移動、および安全な位置決めを完全かつ正確に把握できます.

この情報は、ドライバーの介入を必要とする、現在または差し迫った予期しないまたは危険な状況の発生をドライバーに警告するものとします.

監視制御機能が作動していない場合、機械は作動できません.

3.3.制御システム

必要に応じて、コントロールの不正使用を防止するための措置を講じる必要があります.

リモートコントロールの場合、各コントロールユニットは、そのユニットから制御される機械を明確に識別しなければなりません.

リモートコントロールシステムは、以下にのみ影響するように設計および構築する必要があります.

(a)問題の機械;

(b)問題の機能.

遠隔操作機械は、意図された制御装置からの信号にのみ応答するように設計および構築されなければならない.

3.3.1.制御装置

運転者は、他の場所にある制御装置を使用することによってのみ安全に作動できる機能を除いて、運転位置から機械を操作するために必要なすべての制御装置を作動させることができなければならない.これらの機能には、特に、ドライバー以外のオペレーターが責任を負う機能、またはドライバーが安全に制御するために運転位置を離れなければならない機能が含まれます.

ペダルがある場合は、誤った操作のリスクを最小限に抑えながら、ドライバーが安全に操作できるように設計、構築、取り付けられている必要があります.それらは滑りにくい表面を持ち、掃除が容易でなければならない.

それらの操作が危険、特に危険な動きにつながる可能性がある場合、制御装置は、事前に設定された位置にあるものを除いて、操作者によって解放されるとすぐに中立位置に戻らなければなりません.

車輪付き機械の場合、ステアリングシステムは、ガイドホイールへの衝撃によって引き起こされるステアリングホイールまたはステアリングレバーの突然の動きの力を低減するように設計および構築されなければならない.

ディファレンシャルをロックするコントロールは、機械が動いているときにディファレンシャルのロックを解除できるように設計および配置する必要があります.

音響および/または視覚的警告信号に関するセクション1.2.2の6番目の段落は、逆転の場合にのみ適用されます.

3.3.2.開始/移動

乗用ドライバーを備えた自走砲のすべての移動動作は、ドライバーが制御下にある場合にのみ可能でなければなりません.

操作目的で、機械に通常のクリアランスゾーンを超えるデバイス(スタビライザー、ジブなど)が取り付けられている場合、ドライバーは、機械を移動する前に、そのようなデバイスが安全な動きを可能にする特定の位置.

これは、他のすべての部分にも当てはまります.安全な移動を可能にするために、特定の位置に配置し、必要に応じてロックする必要があります.

他のリスクを引き起こさない場合、機械の動きは前述の部品の安全な配置に依存するものとします.

エンジンの始動中に、機械の意図しない動きが発生することはあり得ません.

自律移動機械製品の移動は、移動および作業が意図されている領域に関連するリスクを考慮に入れる必要があります.

3.3.3.旅行機能

自走砲とそのトレーラーは、道路交通規制を損なうことなく、許容されるすべての操作、負荷、速度、地面、および勾配の条件下で安全を確保するために、減速、停止、ブレーキ、および固定の要件を満たす必要があります.

ドライバーは、メインデバイスを使用して自走砲の速度を落としたり停止したりできる必要があります.安全が必要な場合、主装置に障害が発生した場合、または主装置を作動させるために必要なエネルギー供給がない場合、完全に独立した簡単にアクセスできる制御装置を備えた緊急装置を提供して、減速および停止します.

安全性が必要な場合は、固定機械を動かせないようにするための駐車装置を提供するものとします.この装置は、純粋に機械的である場合、2番目の段落で言及されている装置の1つと組み合わせることができます.

遠隔操作機械には、以下の状況で操作を自動的かつ即座に停止し、潜在的に危険な操作を防止するための装置を装備するものとします.

(a)ドライバーがコントロールを失った場合.

(b)停止信号を受信した場合.

(c)システムの安全関連部分で障害が検出された場合.

(d)指定された時間内に検証信号が検出されなかった場合.

セクション1.2.4は、移動機能には適用されません.

自律移動機械製品は、以下の条件のいずれかに準拠するものとします.

(a)それは、ガードまたは保護装置を含む周辺保護システムが取り付けられた閉鎖ゾーンで移動および動作するものとします.

(b)人間、家畜、またはその周辺にあるその他の障害物を検出することを目的とした装置を装備するものとします.これらの障害物は、人または家畜の健康と安全、または機械製品の安全な操作にリスクをもたらす可能性があります.

1つまたは複数のトレーラーまたは牽引装置に接続された自律移動機械製品を含む、1つまたは複数のトレーラーまたは牽引装置に接続された移動機械製品の動きは、人、家畜、または危険にさらされているその他の障害物にリスクを生じさせてはなりません.そのような機械製品およびトレーラーまたは牽引装置のゾーン.

3.3.4.歩行者制御機械の動き

歩行者が制御する自走砲の移動は、ドライバーが関連する制御装置を持続的に操作することによってのみ可能でなければなりません.特に、エンジンの始動中に動きが発生しないようにする必要があります.歩行者制御機械の制御システムは、特に次のような機械の不注意による運転者への移動から生じるリスクを最小限に抑えるように設計する必要があります.

(a)粉砕;

(b)回転工具による怪我.

機械の移動速度は、徒歩でのドライバーのペースに適合している必要があります.

回転工具を取り付けることができる機械の場合、機械の動きが工具の動きに起因する場合を除いて、リバースコントロールが作動しているときに工具を作動させることはできません.後者の場合、逆転速度は、ドライバーを危険にさらさないような速度でなければならない.

3.3.5.制御回路の故障

パワーアシストステアリングへの電源供給に障害が発生した場合でも、停止に必要な時間内に機械が操舵されるのを妨げることはありません.

自律移動機械の場合、操舵システムの故障は機械の安全性に影響を与えてはならない.

3.4.機械的リスクに対する保護

3.4.1.制御されていない動き

機械製品は、移動時に重心の制御されていない振動が安定性に影響を与えたり、構造に過度のひずみを加えたりしないように、設計、構築され、必要に応じて可動サポートに配置されるものとします.

3.4.2.可動トランスミッション部品

セクション1.3.8.1の例外として、エンジンの場合、エンジンコンパートメント内の可動部品へのアクセスを防止する可動ガードは、ツールまたはキーを使用して、またはによって開く必要がある場合、インターロック装置を備えている必要はありません.運転位置にあるコントロール.ただし、運転位置が完全に密閉されたキャブ内にあり、不正アクセスを防止するためのロックが付いています. 

3.4.3.ロールオーバーとチップオーバー

乗用運転者、運転者または他の人がいる自走砲の場合、転がったり転倒したりする危険がある場合は、機械に適切な保護構造を取り付けなければならない.これはリスクを高めます.

この構造は、転がったり転倒したりした場合に、乗車する人に適切なたわみ制限容積を与えるようなものでなければならない.

構造が第2段落に規定された要件に準拠していることを確認するために、製造業者またはその権限のある代表者は、関係する構造のタイプごとに、適切なテストを実行するか、そのようなテストを実行する必要があります.

3.4.4.落下物

乗車中の運転手、運転者、その他の人がいる自走砲の場合、落下物や物による危険が生じる場合は、そのような方法で機械を設計および構築するものとします.このリスクを考慮し、サイズが許せば適切な保護構造を備えています.

この構造は、落下物または材料が発生した場合に、乗車者に適切なたわみ制限ボリュームを保証するようなものでなければなりません.

構造が第2段落に規定された要件に準拠していることを確認するために、製造業者またはその権限のある代表者は、関係する構造のタイプごとに、適切なテストを実行するか、そのようなテストを実行する必要があります.

3.4.5.アクセス手段

手すりとステップは、オペレーターが本能的に使用し、アクセスを支援するために制御装置を使用しないように設計、構築、および配置する必要があります.

3.4.6.けん引装置

けん引またはけん引に使用されるすべての機械には、簡単かつ安全な接続と切断を保証し、使用中の偶発的な切断を防ぐように設計、構築、配置されたけん引装置またはカップリング装置を取り付ける必要があります.

牽引バーの負荷が必要とする限り、そのような機械は、負荷と地面に適した座面を備えたサポートを備えていなければならない.

3.4.7.自走式機械(またはトラクター)と受信機間の動力伝達

自走機械(またはトラクター)をレシピエント機械の最初の固定ベアリングにリンクする取り外し可能な機械式伝達装置は、操作中に動く部品がその全長にわたって保護されるように設計および構築されなければならない.

自走式機械(またはトラクター)の側面では、取り外し可能な機械式伝達装置が取り付けられているパワーテイクオフは、自走式機械(またはトラクター)に固定およびリンクされたガードまたはによって保護されるものとします.同等の保護を提供するその他のデバイス.

取り外し可能な伝送装置にアクセスするために、このガードを開くことが可能でなければならない.設置後は、機械(またはトラクター)が動いているときにドライブシャフトがガードを損傷するのを防ぐのに十分なスペースが必要です.

受け側の機械側では、入力シャフトは機械に固定された保護ケーシングで囲まれている必要があります.

トルクリミッターまたはフリーホイールは、被駆動機械に隣接する側でのみユニバーサルジョイントトランスミッションに取り付けることができます.取り外し可能な機械式伝達装置には、それに応じてマークを付ける必要があります.

自走式機械(またはトラクター)に接続するために取り外し可能な機械式伝達装置が必要なすべての受領機械は、機械が切り離されたときに取り外し可能な機械式伝達装置を取り付けるためのシステムを備えている必要があります.機械式伝達装置とそのガードは、地面または機械の一部との接触によって損傷することはありません.

ガードの外側の部分は、取り外し可能な機械式伝達装置で回転できないように設計、構築、および配置する必要があります.ガードは、単純なユニバーサルジョイントの場合は内側のジョーの端まで、広角のユニバーサルジョイントの場合は少なくとも外側のジョイントの中心までのトランスミッションをカバーする必要があります.

作業位置へのアクセス手段が取り外し可能な機械式伝達装置の近くに提供される場合、その目的のために設計および構築されない限り、シャフトガードをステップとして使用できないように設計および構築されるものとします.

3.5.他のリスクに対する保護

3.5.1.バッテリー

バッテリーハウジングは、転倒または転倒の際に電解液がオペレーターに放出されないように、またオペレーターが占有する場所に蒸気が蓄積しないように設計および構築されているものとします.

機械製品は、その目的のために提供された簡単にアクセスできる装置を使用してバッテリーを切り離すことができるように設計および構築されなければならない.

自律移動機械製品を含む移動機械用の自動充電付きバッテリーは、セクション1.3.8.2で言及されている危険を防止するように設計されなければならない.1.5.1.機械が充電ステーションに自律的に移動するときに、人または別の機械と機械が接触または共謀するリスクを含みます.

3.5.2.火

製造業者が予想する危険に応じて、機械は、そのサイズが許す場合、以下を行うものとします.

(a)簡単にアクセスできる消火器を取り付けることができるか、または

(b)組み込みの消火器システムが提供されます.

3.5.3.有害物質の排出

セクション1.5.13の2番目と3番目の段落は、機械の主な機能が製品の噴霧である場合には適用されません.ただし、オペレーターは、そのような危険な排出物にさらされるリスクから保護されなければなりません.

製品の噴霧を主な機能とする乗用移動機械には、ろ過キャブまたは同等の安全対策を装備するものとします.

3.5.4.活線の架空送電線との接触のリスク

機械製品の高さに応じて、移動機械製品は、関連する場合、通電された架空送電線との接触のリスクまたはのいずれかの部分の間に電気アークを生成するリスクを防ぐように設計、構築、および装備されなければならない.機械または機械と通電された架空送電線を運転するオペレーター.

通電された架空送電線との接触または電気アークのリスクを完全に回避できない場合、移動機械製品は、電気的性質のすべての危険を防止するか、または発生した場合に防止できるように設計、構築、および装備する必要があります.通電された電力線との接触または電気アーク.

3.6.情報と適応症

3.6.1.兆候、信号、警告

すべての機械製品には、人の健康と安全を確保するために、必要に応じて、使用、調整、および保守に関する標識および/または指示板を付ける必要があります.それらは、はっきりと見え、消えないように選択、設計、構築されなければなりません.

道路交通規制の規定を害することなく、乗用ドライバーを備えた機械製品は、以下の機器を備えているものとします.

(a)人に警告するための音響警告装置.

(b)意図された使用条件に関連する光信号のシステム.後者の要件は、地下作業のみを目的とし、電力がない機械製品には適用されません.

(c)必要に応じて、信号の操作のためにトレーラーと機械製品の間に適切な接続がなければなりません.

通常の使用条件下で人を衝撃または押しつぶしの危険にさらす遠隔操作機械には、その動きを知らせる適切な手段、またはそのような危険から人を保護する手段を備えなければならない.同じことが機械製品にも当てはまります.これは、使用時に、機械の後方の領域がドライバーに直接見えない単一軸上での前後の動きの一定の繰り返しを伴います.

機械は、警告および信号装置が意図せずに無効にされないように構築されなければならない.安全上不可欠な場合、そのような装置には、それらが正常に機能していることを確認する手段が提供され、それらの故障がオペレーターに明らかにされなければならない.

機械またはその工具の動きが特に危険な場合は、作業中に機械に近づかないように警告するために、機械に標識を付ける必要があります.標識は、近くにいる必要のある人の安全を確保するために十分な距離で判読できるものでなければなりません.

3.6.2.マーキング

以下は、すべての機械製品に読みやすく、消えないように表示されるものとします.

(a)キロワット(kW)で表される公称電力.

(b)最も一般的な構成の質量(キログラム(kg)).

そして、必要に応じて:

(a)ニュートン(N)単位のカップリングフックで提供される最大ドローバープル.

(b)カップリングフックに提供される最大垂直荷重(ニュートン(N)).

3.6.3.指示

3.6.3.1.振動

指示は、機械によってハンドアームシステムまたは全身に伝達される、加速度(m / s 2 )として表される振動に関する次の情報を提供するものとします.

(a)ハンドアームシステムが受ける連続振動からの振動合計値.

(b)ハンドアームシステムが受ける繰り返しの衝撃振動による加速度のピーク振幅の平均値.

(c)0、5 m / s2を超える場合、全身が受ける加重加速度の最大二乗平均平方根値.この値が0、5 m / s2を超えない場合、これについて言及するものとします.

(d)測定の不確かさ.

これらの値は、問題の機械について実際に測定された値、または製造される機械を代表する技術的に同等の機械に対して行われた測定に基づいて確立された値のいずれかでなければなりません.

第17条(3)に従って委員会が採択した調和規格または技術仕様を適用できない場合、振動は、関係する機械に最も適切な測定コードを使用して測定するものとします.

測定中の動作条件と使用する測定コードを記述しなければならない.

3.6.3.2.複数の用途

使用する機器に応じて複数の用途が可能な機械製品の説明書および交換可能な機器の説明書には、基本的な機械製品および取り付け可能な交換可能な機器の安全な組み立ておよび使用に必要な情報が含まれている必要があります.

3.6.3.3.自律移動機械製品

自律移動機械製品の使用説明書には、目的の移動、作業領域、および危険ゾーンの特性を指定する必要があります.

4.4.吊り上げ作業による危険を相殺するための補足的な必須の健康および安全要件

吊り上げ作業により危険をもたらす機械は、この章で説明されているすべての関連する基本的な健康と安全の要件を満たす必要があります(一般原則、ポイント4を参照).

4.1.一般

4.1.1.定義

(a)「持ち上げ操作」とは、特定の瞬間にレベルの変更を必要とする商品および/または人からなる単位荷重の移動を意味します.

(b)「ガイド荷重」とは、固定点によって位置が決定される剛体または柔軟なガイドに沿って全体の動きが行われる荷重を意味します.

(c)「作動係数」とは、製造業者またはその認定代理人によって保証された、コンポーネントがそれを保持できるまでの荷重と、コンポーネントにマークされた最大作動荷重との間の算術比を意味します.

(d)「試験係数」とは、リフティング機械またはリフティングアクセサリの静的または動的テストを実行するために使用される負荷と、リフティング機械またはリフティングアクセサリにマークされた最大作業負荷との間の算術比を意味します.

(e)「静的試験」とは、吊り上げ機械または吊り上げ付属品を最初に検査し、最大使用荷重に適切な静的試験係数を掛けたものに対応する力を加え、その荷重が解放されたら再検査して確認する試験を意味します.損傷が発生していないこと.

(f)「動的試験」とは、持ち上げ機械が適切に機能することを確認するために、持ち上げ機械の動的挙動を考慮に入れて、最大使用荷重に適切な動的試験係数を掛けて、可能なすべての構成で持ち上げ機械を操作する試験を意味します. ;

(g)「運送業者」とは、持ち上げるために人や物が支えられている機械の一部を意味します.

4.1.2.機械的リスクに対する保護

4.1.2.1.安定性の欠如によるリスク

機械は、セクション1.3.1で要求される安定性が、輸送、組み立て、解体のすべての段階を含む、予測可能なコンポーネントの故障中、および実行されたテスト中に、使用中および使用停止中の両方で維持されるように設計および構築されるものとします.取扱説明書に従って.そのために、製造業者またはその認定代理人は、適切な検証方法を使用するものとします.

4.1.2.2.ガイドレールと線路上を走る機械

機械には、脱線を防ぐためにガイドレールまたはトラックに作用する装置を備えなければならない.

そのような装置にもかかわらず、レールまたは走行中の部品の脱線または故障のリスクが残っている場合は、機器、部品または負荷の落下または機械の転倒を防止する装置を提供するものとします.

4.1.2.3.機械的強度

機械、吊り上げアクセサリ、およびそれらのコンポーネントは、関連するすべての構成に提供された設置および操作条件下で、使用中および使用されていない場合は、その寿命中に受ける応力に耐えることができなければなりません.必要に応じて、人が及ぼす大気要因および力の影響を考慮してください.この要件は、輸送、組み立て、および解体中にも満たされる必要があります.

機械およびリフティングアクセサリは、その使用目的を考慮して、疲労および摩耗による故障を防止するように設計および構築する必要があります.

使用する材料は、特に腐食、摩耗、衝撃、極端な温度、疲労、脆性、放射、および経年劣化に関して、意図する作業環境に基づいて選択する必要があります.

機械および吊り上げ付属品は、永久変形または特許の欠陥なしに、静的試験での過負荷に耐えるように設計および構築されなければならない.強度の計算では、適切なレベルの安全性を保証するために選択された静的試験係数の値を考慮に入れる必要があります.その係数には、原則として次の値があります.

(a)手動操作の機械および吊り上げ付属品:1、5;

(b)その他の機械:1,25.

機械は、最大使用荷重に動的試験係数を掛けたものを使用して実施される動的試験を失敗することなく受けるように設計および構築されなければならない.この動的試験係数は、適切なレベルの安全性を保証するように選択されています.係数は、原則として、1,1に等しくなります.原則として、テストは規定の公称速度で実行されます.機械の制御回路が複数の同時動作を可能にする場合、テストは、原則として、関連する動作を組み合わせることにより、最も好ましくない条件で実行する必要があります.

4.1.2.4.滑車、ドラム、ホイール、ロープ、チェーン

プーリー、ドラム、ホイールの直径は、それらを取り付けることができるロープまたはチェーンのサイズに見合ったものでなければなりません.

ドラムとホイールは、それらに装備されているロープまたはチェーンが外れることなく巻けるように設計、構築、および設置する必要があります.

荷物を持ち上げたり支えたりするために直接使用されるロープには、端以外のスプライシングを含めないでください.ただし、スプライシングは、使用の必要性に応じて定期的に変更されるように設計された設備で許容されます.

完全なロープとその終端には、適切なレベルの安全性を保証するように選択された作業係数が必要です.原則として、この係数は5に等しくなります.

リフティングチェーンは、適切なレベルの安全性を保証するように選択された作動係数を持たなければなりません.原則として、この係数は4に等しくなります.

適切な作業係数が達成されていることを確認するために、製造業者またはその権限のある代表者は、荷物を持ち上げるために直接使用されるチェーンおよびロープのタイプごと、およびロープの端について、適切なテストを実行するか、そのようなテストを行う必要があります実行されます.

4.1.2.5.リフティングアクセサリーとそのコンポーネント

リフティングアクセサリとそのコンポーネントは、特定のアプリケーションの動作条件で指定されている予想寿命と一致する、いくつかの動作サイクルの疲労および経年劣化プロセスを十分に考慮したサイズにする必要があります.

さらに:

(a)ワイヤーロープ/ロープエンドの組み合わせの作業係数は、適切なレベルの安全性を保証するように選択する必要があります.この係数は、原則として5に等しい.ロープは、その端以外にスプライスまたはループを含まないものとする.

(b)リンクが溶接されたチェーンを使用する場合は、ショートリンクタイプでなければなりません.チェーンの作動係数は、適切なレベルの安全性を保証するように選択する必要があります.この係数は、原則として4に等しくなります.

(c)テキスタイルロープ、スリング、またはウェビングの作業係数は、材料、製造方法、寸法、および用途によって異なります.この係数は、適切なレベルの安全性を保証するように選択する必要があります.使用される材料が非常に高品質であることが示され、製造方法が使用目的に適している場合、原則として7に等しくなります.そうでない場合は、同等の安全性を確保するため、原則として係数を高く設定します.テキスタイルロープ、スリング、またはウェビングには、エンドレススリングの場合を除いて、スリングの端以外に結び目、接続、またはスプライシングを含めてはなりません.

(d)スリングを構成する、またはスリングとともに使用されるすべての金属部品は、適切なレベルの安全性を保証するように選択された作動係数を持たなければなりません.この係数は、原則として4に等しくなります.

(e)マルチレッグスリングの最大作動荷重は、最も弱い脚の作動係数、脚の数、およびスリングの構成に依存する減少係数に基づいて決定されます.

(f)適切な作業係数が達成されたことを確認するために、製造業者またはその権限のある代表者は、(a)、(b)、(c)、および(d)で言及されているコンポーネントのタイプごとに、適切なを実行するものとします.テストするか、そのようなテストを実行します.

4.1.2.6.動きの制御

動きを制御するための装置は、それらが設置されている機械が安全に保たれるように機能しなければならない.

(a)機械は、そのコンポーネントの動きの振幅が指定された制限内に保たれるように設計、構築、またはデバイスを装備するものとします.そのような装置の操作は、適切な場合、警告が先行しなければならない.

(b)複数の固定またはレールに取り付けられた機械製品を同じ場所で同時に操作でき、衝突のリスクがある場合、そのような機械は、これらのリスクを回避できるシステムに適合できるように設計および構築する必要があります.

(c)機械は、電源が部分的または完全に故障した場合、またはオペレーターが機械の操作を停止した場合でも、負荷が危険なほどクリープしたり、自由に予期せず落下したりしないように設計および構築する必要があります.

(d)通常の運転状態では、摩擦ブレーキのみで負荷を下げることはできません.ただし、その機能でそのように操作する必要がある機械の場合を除きます.

(e)保持装置は、不注意による荷重の落下を回避するように設計および構築する必要があります.

4.1.2.7.取り扱い中の荷重の動き

機械の操作位置は、同時に操作して責任を負う可能性のある人、機器、または他の機械との衝突を回避するために、可動部品の軌道を可能な限り広く表示できるように配置する必要があります.ハザードを構成します.

ガイド付き積荷を備えた機械は、積荷、運搬装置、または釣り合いおもり(ある場合)の移動によって人が負傷するのを防ぐように設計および構築されなければならない.

4.1.2.8.固定着陸を提供する機械

4.1.2.8.1.キャリアの動き

固定着陸に役立つ機械の運搬船の動きは、着陸にしっかりと誘導されなければならない.シザーシステムも厳格なガイダンスと見なされます.

4.1.2.8.2.運送業者へのアクセス

人がキャリアにアクセスできる場合、機械は、アクセス中、特に荷積みまたは荷降ろし中にキャリアが静止したままになるように設計および構築されなければならない.

機械は、運送業者と提供されている着陸地点との間のレベルの違いがつまずくリスクを生じさせないように設計および構築されなければならない.

4.1.2.8.3.移動する運送業者との接触によるリスク

セクション4.1.2.7の2番目の段落に示されている要件を満たすために必要な場合、通常の操作中にトラベルゾーンにアクセスできないようにする必要があります.

検査または保守中に、キャリアの下または上にいる人がキャリアと固定部品の間で押しつぶされる危険性がある場合、物理的な避難所または機械装置をブロックすることによって、十分な空きスペースを提供する必要があります.キャリアの動き.

4.1.2.8.4.荷物がキャリアから落下することによるリスク

荷台からの荷降ろしによるリスクがある場合、機械はこのリスクを防止するように設計および構築されなければならない.

4.1.2.8.5.着陸

着陸時に可動キャリアまたは他の可動部品と人が接触することによるリスクを防止する必要があります.

運送業者が着陸地点にいないときに人が旅行ゾーンに落下するリスクがある場合は、このリスクを防ぐために警備員を配置する必要があります.そのような警備員は、旅行ゾーンの方向に開いてはならない.それらは、以下を防止するキャリアの位置によって制御されるインターロック装置を備えていなければならない.

(a)ガードが閉じてロックされるまでのキャリアの危険な動き.

(b)キャリアが対応する着陸で停止するまでのガードの危険な開放.

4.1.3.目的への適合性

吊り上げ機械または吊り上げ付属品が市場に出されるか、最初に使用されるとき、製造業者またはその権限のある代表者は、適切な措置を講じるか、またはそれらを講じることにより、使用可能な機械または吊り上げ付属品を確保するものとします. —手動または電動のどちらでも—指定された機能を安全に実行できます.

セクション4.1.2.3で言及されている静的および動的試験は、使用する準備ができているすべての吊り上げ機械で実施するものとします.

機械が製造業者の敷地内またはその認定代理人の敷地内で組み立てられない場合、製造業者、製造業者の認定代理人、または製造業者の別の対象者が使用する場所で適切な措置を講じる必要があります. 'に代わって.それ以外の場合は、製造元の敷地内または使用場所で対策を講じることができます.

4.2.電源が手作業以外の機械製品の要件

4.2.1.動きの制御

機械またはその機器の動きを制御するために、ホールド・トゥ・ラン制御装置を使用するものとします.ただし、負荷や機械の衝突のリスクがない部分的または完全な動きの場合、上記のデバイスは、オペレータがホールド・トゥ・ラン制御デバイスを保持することなく、事前に選択された位置での自動停止を許可する制御デバイスに置き換えることができます. .

4.2.2.ローディング制御

最大作業負荷が1000キログラム以上、または転倒モーメントが40 000 Nm以上の機械には、次の場合にドライバーに警告し、危険な動きを防ぐための装置を取り付ける必要があります.

(a)最大作動荷重または荷重を超えたことによる最大作動モーメントの結果としての過負荷の、または

(b)転覆の瞬間を超えています.

4.2.3.ロープで誘導される設置

ロープキャリア、トラクター、またはトラクターキャリアは、カウンターウェイトまたは張力の永続的な制御を可能にする装置によって保持されるものとします.

4.3.情報とマーキング

4.3.1.チェーン、ロープ、ウェビング

アセンブリの一部を形成しないリフティングチェーン、ロープ、またはウェビングの各長さには、マーク、またはこれが不可能な場合は、製造元またはその正式な代表者の名前と住所、および識別参照が記載されたプレートまたは取り外し不可能なリングを付ける必要があります.関連する証明書の.

上記の証明書には、少なくとも次の情報が記載されている必要があります.

(a)製造業者の名前と住所、および適切な場合は、製造業者の正式な代表者.

(b)チェーンまたはロープの説明.これには次のものが含まれます.

私.その公称サイズ、

II.その建設、

III.それが作られている材料、そして

IV.材料に適用される特別な冶金処理.

(c)使用した試験方法;

(d)チェーンまたはロープが使用中に受ける必要のある最大荷重.目的のアプリケーションに基づいて、値の範囲を指定できます.

4.3.2.リフティングアクセサリー

リフティングアクセサリーは、以下の詳細を示さなければなりません:

私.安全に使用するためにこの情報が必要な資料の特定.

II.最大作業負荷.

物理的にマーキングが不可能な吊り上げアクセサリの場合、最初の段落で言及されている詳細は、プレートまたは他の同等の手段に表示され、アクセサリにしっかりと貼り付けられるものとします.

詳細は判読可能であり、摩耗の結果として消えたり、アクセサリの強度を損なう可能性がない場所に配置する必要があります.

4.3.3.吊り上げ機械

最大作業負荷は、機械に目立つように表示されなければならない.このマーキングは、判読可能、消去不能、およびコード化されていない形式でなければなりません.

最大作業負荷が機械の構成に依存する場合、各操作位置には、できれば図形式または表を使用して、各構成で許容される作業負荷を示すロードプレートを設ける必要があります.

人の立ち入りを可能にするキャリアを備えた、商品のみを持ち上げることを目的とした機械は、人の持ち上げを禁止する明確で消えない警告を表示するものとします.この警告は、アクセスが可能な各場所で表示されるものとします.

4.4.指示

4.4.1.リフティングアクセサリー

各リフティングアクセサリーまたはリフティングアクセサリーの各商業的に分割できないバッチには、少なくとも以下の詳細を記載した指示を添付するものとします.

(a)使用目的;

(b)使用制限(特に、セクション4.1.2.6(e)に完全に準拠していない磁気パッドや真空パッドなどの吊り上げアクセサリの場合).

(c)組み立て、使用、およびメンテナンスの手順.

(d)使用される静的テスト係数.

4.4.2.吊り上げ機械

吊り上げ機械には、以下に関する情報を含む指示が添付されているものとします.

(a)機械の技術的特徴、特に:

私.最大作業負荷、および必要に応じて、セクション4.3.3の2番目の段落で説明されているロードプレートまたはロードテーブルのコピー.

II.サポートまたはアンカーでの反応、および必要に応じて、トラックの特性、

III.必要に応じて、バラストの定義と設置方法.

(b)航海日誌が機械に付属していない場合は、航海日誌の内容.

(c)特にオペレーターによる負荷の直視の欠如を相殺するための使用に関するアドバイス.

(d)必要に応じて、製造業者またはその認定代理人によって、または製造業者のために実施された静的および動的試験の詳細を示す試験報告書.

(e)製造者の敷地内で使用される形で組み立てられていない機械の場合、最初に使用する前にセクション4.1.3に記載されている措置を実行するために必要な指示.

 

5.5.地下作業を目的とした機械製品の補足的な必須の健康および安全要件

地下作業を目的とした機械製品は、この章で説明されているすべての基本的な健康と安全の要件を満たしている必要があります(一般原則のポイント4を参照).

5.1.安定性の欠如によるリスク

電動ルーフサポートは、移動時に所定の方向を維持し、荷重がかかる前とかかる間、および荷重が除去された後に滑らないように設計および構築する必要があります.それらは、個々の油圧支柱の天板用のアンカーを備えていなければならない.

5.2.移動

動力付きルーフサポートは、人の動きを妨げないようにするものとします.

5.3.制御装置

レール上を走行する機械を動かすためのアクセルとブレーキの制御は手動で行うものとします.ただし、有効化デバイスは足で操作できる場合があります.

電動ルーフサポートの制御装置は、変位操作中にオペレーターが所定の位置にあるサポートによって保護されるように設計および配置する必要があります.制御装置は、偶発的な放出から保護されなければならない.

5.4.停止

地下作業で使用するためにレール上を走行する自走砲は、運転者が動きを制御できなくなった場合に動きが停止するように、機械の動きを制御する回路に作用する有効装置を備えていなければならない.

5.5.火

セクション3.5.2(b)は、可燃性の高い部品で構成される機械に関して必須です.

地下作業での使用を目的とした機械のブレーキシステムは、火花を発生させたり、火災を引き起こしたりしないように設計および構築する必要があります.

地下作業で使用するための内燃機関を備えた機械には、気化圧力が低く、電気的起源の火花を排除する燃料を使用するエンジンのみを取り付ける必要があります.

5.6.排出ガス

内燃機関からの排気ガスは、上方に排出してはならない.

6.6.人の持ち上げによる特定のリスクを示す機械製品の補足的な必須の健康および安全要件

人を持ち上げることによりリスクを示す機械製品は、この章で説明されている関連するすべての基本的な健康および安全要件を満たさなければなりません(一般原則、ポイント4を参照).

6.1.一般

6.1.1.機械的強度

トラップドアを含むキャリアは、キャリアで許可される最大人数と最大作業負荷に対応するスペースと強度を提供するように設計および構築する必要があります.

セクション4.1.2.4および4.1.2.5に記載されているコンポーネントの作業係数は、人を持ち上げることを目的とした機械には不十分であり、原則として2倍にする必要があります.人または人と物を持ち上げることを目的とした機械には、適切な全体的な安全レベルを確保し、キャリアが落下するリスクを防ぐように設計および構築されたキャリアのサスペンションまたはサポートシステムを取り付ける必要があります.

キャリアを吊り下げるためにロープまたはチェーンを使用する場合、原則として、少なくとも2つの独立したロープまたはチェーンが必要であり、それぞれに独自の固定があります.

6.1.2.人間の力以外の力で動く機械の負荷制御

セクション4.2.2の要件は、製造業者が過負荷または転倒のリスクがないことを実証できない限り、最大作業負荷および転倒モーメントに関係なく適用されます.

6.2.制御装置

安全要件が他の解決策を課さない場合、キャリアは、原則として、キャリア内の人が上下の動き、および適切な場合はキャリアの他の動きを制御する手段を持つように設計および構築されなければならない.

動作中、これらの制御装置は、緊急停止装置を除いて、同じ動きを制御する他の装置を無効にするものとします.

最初の段落で言及されているムーブメントの制御装置は、キャリアが完全に密閉されている場合を除いて、ホールド・トゥ・ランタイプでなければなりません.キャリア上の人や物が衝突したり落下したりするリスクがなく、キャリアの上下運動によるその他のリスクがない場合は、ホールドツーランタイプの制御の代わりに、事前に選択された位置での自動停止を許可する制御デバイスを使用できます.デバイス

6.3.キャリア内またはキャリア上の人へのリスク

6.3.1.運送業者の移動によるリスク

人を持ち上げるための機械は、キャリアの加速または減速が人にリスクを引き起こさないように設計、構築、または装備されているものとします.

6.3.2.運送業者から落下する人のリスク

キャリアは、機械やキャリアが動いているときを含め、乗員が転倒するリスクを生み出す程度に傾いてはなりません.

キャリアがワークステーションとして設計されている場合、安定性を確保し、危険な動きを防ぐための対策を講じる必要があります.

セクション1.5.15で言及されている措置が適切でない場合、運送業者は、運送業者に許可されている人数に見合った十分な数の適切な固定ポイントを備えなければならない.固定ポイントは、高所からの落下に対する個人用保護具を使用するのに十分な強度がなければなりません.

床、天井、側面ドアのトラップドアは、不注意による開放を防ぐように設計および構築され、予期せず開いた場合に落下のリスクがない方向に開くものとします.

6.3.3.物体がキャリアに落下することによるリスク

物体がキャリアに落下して人を危険にさらす危険性がある場合、キャリアには保護ルーフを装備する必要があります.

6.4.固定着陸にサービスを提供する機械

6.4.1.運送業者内または運送業者の人へのリスク

キャリアは、キャリア内またはキャリア上の物体と固定要素または可動要素との接触によるリスクを防止するように設計および構築されているものとします.この要件を満たすために必要な場合、キャリア自体は、ドアが閉じられていない限り、キャリアの危険な動きを防ぐインターロック装置が取り付けられたドアで完全に囲まれている必要があります.キャリアから落下する危険性がある着陸の間にキャリアが停止した場合、ドアは閉じたままでなければなりません.

機械は、キャリアの制御されていない上向きまたは下向きの動きを防ぐような方法で設計、構築され、必要に応じて装置を備えていなければならない.これらの装置は、最大使用負荷および予測可能な最大速度でキャリアを停止できなければなりません.

停止動作は、負荷条件に関係なく、乗員に有害な減速を引き起こしてはならない.

6.4.2.着陸時のコントロール

緊急使用のためのコントロール以外の、着陸時のコントロールは、次の場合にキャリアの移動を開始してはなりません.

(a)キャリア内の制御装置が操作されている、

(b)キャリアは着陸していません.

6.4.3.運送業者へのアクセス

踊り場と運搬船の警備員は、運搬される物品と人の予測可能な範囲を考慮して、運搬船との間で安全に移動できるように設計および構築されなければなりません.

6.5.マーキング

運送業者は、以下を含む安全を確保するために必要な情報を保持するものとします.

(a)運送業者に許可されている人数、

(b)最大作業負荷.

 

 

 

CE機械指令(Directive 2006/42/EC)が機械規則に変更されます。

f:id:msdco:20201219122331p:plain

 

欧州委員会(EC)は、欧州CEマーキングの現在の機械指令(Directive 2006/42/EC)に代わる、新しい機械規則の最終案を、2021年4月21日に発表しました。

 

 

詳細情報は、次のサイトで確認できます。

eur-lex.europa.eu

 

また、次のサイトからPDFデータを入手することができます。

欧州議会および機械製品評議会の規制に関する提案

Proposal for a Regulation of the European Parliament and of the Council on machinery products

 

機械製品に関する欧州議会および評議会の規制の提案(PDF&WORD)

Proposal for a REGULATION OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL on machinery products (PDF)

hProposal for a REGULATION OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL on machinery products (WORD)

  

欧州議会および機械製品評議会の規制に関する提案の付属書(PDF&WORD)

ANNEXES to the Proposal for a Regulation of the European Parliament and of the Council on machinery products (PDF)

ANNEXES to the Proposal for a Regulation of the European Parliament and of the Council on machinery products (WORD)

 

今後の予定

現在の機械指令(2006/42 / EC)は、新しい機械規則(発行日未定)の発効日から30か月後に廃止されます
廃止された機械指令(2006/42 / EC)に対する言及は、この新しい機械規則に対する言及として解釈され、次の附属書XIの相関表に従います。

f:id:msdco:20210505115746p:plain

 

f:id:msdco:20210505115830p:plain

f:id:msdco:20210505115858p:plain

 

MSDコンサルティング

 

 

参考:新しい機械規則の最終案のgoogle翻訳です。正確な内容は原文で確認してください

 

第1章

一般規定

第1条

主題

この規則は、機械製品の市場での入手またはサービスの開始を可能にするための機械製品の設計および建設の要件を定め、連合内での機械製品の自由な移動に関する規則を確立します。

第2条

範囲

(1)この規則は、以下の機械製品に適用されます

(a)機械;

(b)交換可能な機器;

(c)安全コンポーネント;

(d)リフティングアクセサリー;

(e)チェーン、ロープ、スリング、ウェビング。

(f)取り外し可能な機械式伝達装置;

(g)部分的に完成した機械。

(2)この規則は以下には適用されません。

(a)同一のコンポーネントを交換するためのスペアパーツとして使用することを目的とし、元の機械製品の製造元から供給される安全コンポーネント。

(b)見本市会場または遊園地で使用するための特定の機器。

(c)核目的のために特別に設計または使用され、故障した場合に放射能の放出をもたらす可能性のある機械。

(d)銃を含む武器;

(e)車両に搭載された機械を除き、道路、空路、水路、または鉄道による物品または人の輸送を唯一の目的とする車両。

(f)規則(EU)No 168/2013の適用範囲に含まれる、二輪または三輪車および四輪車、ならびにシステム、コンポーネント、個別の技術ユニット、そのような車両用に設計および構築された部品および機器。

(g)農林業車両、ならびにそのような車両用に設計および構築されたシステム、コンポーネント、個別の技術ユニット、部品および機器。これらは、規則(EU)No167 / 2013の適用範囲に含まれます。

(h)航海船および移動式オフショアユニットおよびそのような船またはユニットに搭載された機械。

(i)軍事または警察の目的のために特別に設計および製造された機械。

(j)実験室で一時的に使用するための研究目的のために特別に設計および構築された機械。

(k)鉱山の巻線ギア;

(l)芸術的パフォーマンス中にパフォーマーを動かすことを目的とした機械。

(m)以下の電気および電子製品は、指令2014/35 / EUまたは指令2014/53 / EUの適用範囲に含まれる場合に限ります。

(i)電動家具ではない家庭用家電製品。

(ii)オーディオおよびビデオ機器;

(iii)情報技術機器;

(iv)オフィス機械;

(v)低電圧開閉装置および制御装置;

(vi)電気モーター;

(n)次の高電圧電気製品:

(i)スイッチギアとコントロールギア;

(ii)トランスフォーマー。

第3条

定義

この規則の目的のために、以下の定義が適用されるものとします。

(1)「機械」とは、次のことを意味します。

(a)リンクされた部品またはコンポーネントで構成され、少なくとも1つが移動し、特定の用途のために結合された、直接適用される人間または動物の努力以外の駆動システムが取り付けられている、または取り付けられることを意図したアセンブリ。

(b)ポイント(a)で言及されているアセンブリで、現場またはエネルギーと運動のソースに接続するためのコンポーネントのみが欠落しています。

(c)ポイント(a)および(b)に記載されているアセンブリで、設置の準備ができており、輸送手段に取り付けられている場合、または建物や構造物に取り付けられている場合にのみ、そのままの状態で機能できます。

(d)ポイント(a)、(b)、(c)で言及されている機械のアセンブリ、またはポイント(7)で言及されている部分的に完成した機械のアセンブリで、同じ目的を達成するために、それらが一体として機能するように配置および制御されている全体;

(e)リンクされた部品またはコンポーネントのアセンブリ。少なくとも1つは移動し、互いに結合され、荷物を持ち上げることを目的としており、唯一の電源は人間の力で直接適用されます。

(f)ポイント(a)、(b)、(c)、(d)、および(e)で言及されているアセンブリには、特定のアプリケーション向けのソフトウェアのアップロードのみが含まれていません。

(2)「交換可能な機器」とは、機械製品の使用開始後に、その機器がその機器である限り、その機能または属性を新しい機能に変更するために、オペレーター自身がその機械製品と組み立てる装置を意味します。ツールではありません。

(3)「安全コンポーネント」とは、ソフトウェアを含む、安全機能を果たすのに役立ち、独立して市場に出される機械の物理的またはデジタルコンポーネントを意味し、その故障または誤動作は人の安全を危険にさらしますが、順番に必要ではありません機械が機能するため、または機械が機能するために通常のコンポーネントに置き換えることができる場合。

(4)「リフティングアクセサリ」とは、リフティング機械に取り付けられていないコンポーネントまたは機器を意味し、機械と負荷の間または負荷自体に配置される、または負荷の不可欠な部分を構成することを目的とした、負荷を保持できるようにします。スリングとそのコンポーネントを含め、独立して市場に出されています。

(5)「チェーン」とは、吊り上げ機械または吊り上げアクセサリの一部として吊り上げ目的で設計および構築されたチェーンを意味します。

(6)「ロープ」とは、吊り上げ機械または吊り上げ付属品の一部として吊り上げる目的で設計および製造されたロープを意味します。

(7)「スリング」とは、吊り上げ機械または吊り上げアクセサリの一部として吊り上げる目的で設計および製造されたスリングを意味します。

(8)「ウェビング」とは、リフト機械またはリフトアクセサリの一部としてリフト目的で設計および構築されたウェビングを意味します。

(9)「取り外し可能な機械的伝達装置」とは、自走式機械またはトラクターと他の機械との間で、それらを第1の固定ベアリングで結合することによって動力を伝達するための取り外し可能な構成要素を意味する。

(10)「部分的に完成した機械」とは、機械であるが、それ自体では特定の用途を実行するように機能することができず、機械または他の部分的に完成した機械または装置に組み込まれるか、または組み立てられることのみを目的とするアセンブリを意味します。機械製品の形成;

(11)「市場で入手可能にする」とは、支払いの見返りであろうと無料であろうと、商業活動の過程で連合市場で流通または使用するための機械製品の供給を意味します。

(12)「市場に出す」とは、ユニオン市場で最初に機械製品を利用できるようにすることを意味します。

(13)「供用開始」とは、その意図された目的のために、連合において機械製品を最初に使用することを意味します。

(14)「労働組合調和法」とは、製品の販売条件を調和させるあらゆる労働組合法を意味します。

(15)「人工知能システム」とは、欧州議会および理事会の規則(EU)... / ...の第3条(1)で定義されている人工知能システムを意味します28 +   

(16)「実質的な変更」とは、機械製品が市場に出された後、または使用された後の物理的またはデジタル的手段による機械製品の変更を意味します。これは、製造業者によって予測されておらず、その結果、機械のコンプライアンスが発生します。関連する基本的な健康と安全の要件を備えた製品が影響を受ける可能性があります。

(17)「製造者」とは、機械製品を製造する、または機械製品を設計または製造し、それらの機械製品を自分の名前または商標で販売する、または自分で使用する機械製品を設計および製造する自然人または法人を意味します。

(18)「使用説明書」とは、機械製品が市場に出されたとき、またはサービスが開始されたときに製造業者が提供する情報を意味し、機械製品のユーザーにその機械製品の意図された目的と適切な使用法、および安全面に関する情報を含む、機械製品を使用または設置する際に取るべき予防措置。

(19)「権限のある代表者」とは、特定のタスクに関連して製造業者から代理で行動するという書面による委任を受けた、連合内に設立された自然人または法人を意味します。

(20)「輸入者」とは、第三国の機械製品を連合市場に投入する、連合内に設立された自然人または法人を意味します。

(21)「販売業者」とは、機械製品を市場で入手可能にする、製造業者または輸入業者以外のサプライチェーン内の自然人または法人を意味します。

(22)「経済事業者」とは、製造業者、正式な代表者、輸入業者、および販売業者を意味します。

(23)「技術仕様」とは、機械製品が満たすべき技術要件を規定する文書を意味します。

(24)「調和規格」とは、規則(EU)No 1025/2012の第2条(1)、ポイント(c)で定義されている整合規格を意味します。

(25)「CEマーキング」とは、機械製品がその貼付を規定する連合調和法に定められた該当する要件に準拠していることを製造業者が示すマーキングを意味します。

(26)「認定」とは、規則(EC)No 765/2008の第2条(10)で定義されている認定を意味します。

(27)「国家認定機関」とは、規則(EC)No 765/2008の第2条(11)で定義されている国家認定機関を意味します。

(28)「適合性評価」とは、機械製品に関連するこの規則の基本的な健康と安全の要件が満たされているかどうかを示すプロセスを意味します。

(29)「適合性評価機関」とは、校正、試験、認証、検査などの適合性評価活動を実施する機関を意味します。

(30)「通知機関」とは、本規則の第26条に従って通知された適合性評価機関を意味します。

(31)「市場監視機関」とは、規則(EU)2019/1020の第3条(4)で定義されている市場監視機関を意味します。

(32)「リコール」とは、エンドユーザーがすでに利用できるようになっている機械製品の返品を達成することを目的としたあらゆる措置を意味します。

(33)「撤退」とは、サプライチェーン内の機械製品が市場に出回らないようにすることを目的とした措置を意味します。

第4条

自由な動き

1.1。加盟国は、この規則の対象となる側面に関連する理由で、この規則に準拠する機械製品の市場での入手またはサービスの開始を妨げてはなりません。

2.2。見本市、展示会、デモンストレーション、または同様のイベントにおいて、加盟国は、目に見える標識がこの規則に準拠しておらず、利用できないことを明確に示している場合に限り、この規則に準拠していない機械製品の展示を妨げてはなりません。適合するまで市場に出回っています。

デモ中は、人の保護を確保するために適切な措置を講じる必要があります。

第5条

高リスクの機械製品

1.1。附属書Iに記載されている高リスクの機械製品は、第21条(2)に記載されている特定の適合性評価手順の対象となるものとします。

2.2。委員会は、高リスク機械製品のリストに新しい機械製品を含めるか、既存の機械製品を撤回することにより、技術の進歩と知識または新しい科学的証拠を考慮して、附属書Iを修正するために第45条に従って委任された行為を採用する権限を与えられています。そのリストは、パラグラフ3および4に定められた基準に従います。

3.3。機械製品は、その設計および意図された目的を考慮して人の健康にリスクをもたらす場合、附属書Iの高リスク機械製品のリストに含まれるものとします。機械製品は、そのようなリスクがなくなった場合、附属書Iの高リスク機械製品のリストから除外されるものとします。特定の機械製品がもたらすリスクは、危害の発生確率とその危害の重大度の組み合わせに基づいて確立されるものとします。

危害の可能性と重大度を決定する際には、以下を考慮に入れる必要があります。

(a)影響を受けた各人が危害によって影響を受ける程度。

(b)影響を受ける可能性のある人の数。

(c)影響を受ける可能性のある当事者が、機械製品によって生み出される結果に依存する程度。

(d)影響を受ける可能性のある当事者が、機械製品のユーザーに対して脆弱な立場にある程度。

(e)機械製品によって生じる害の可逆性の程度。

(f)機械製品が特定の目的に使用された程度。

(g)特定の目的に使用された機械製品によって過去に引き起こされた危害の兆候。

4.4。委員会は、入手可能な情報に基づいて、パラグラフ3に規定された基準を徹底的に評価するものとします。特に、以下の情報は、市場監視に関連して、または第5段落で言及された懸念の結果として加盟国が利用可能になったときに、加盟国によって委員会に伝達されるものとする。

(a)パラグラフ3で言及されているリスクの評価。

(b)費用効果分析;

(c)機械事故分析;

(d)過去4年間の機械製品によって引き起こされた事故に関する統計、特に市場監視のための情報通信システム(ICSMS)情報、セーフガード条項、迅速な警告システム(RAPEX)、および機械管理協力グループの報告から得られた情報。

5.5。附属書Iに記載されている、または記載されていない機械製品について懸念がある加盟国は、直ちに委員会にその懸念を通知し、それを支持する理由を提供するものとします。

第6条

安全部品

1.1。安全コンポーネントの目安となるリストは、付録IIに記載されています。

2.2。委員会は、安全コンポーネントの指標リストに新しい安全コンポーネントを含めるか、そのリストから既存の安全コンポーネントを撤回することにより、技術の進歩と知識または新しい科学的証拠を考慮して付属書IIを修正するために第45条に従って委任された行為を採用する権限を与えられています。

3.3。委員会は、附属書IIの安全部品のリストに新しい安全部品を含めること、またはそのリストから安全部品を撤回することを必要とするリスクを徹底的に評価するものとします。

4.4。附属書IIに記載されている、または記載されていない安全部品について懸念がある加盟国は、直ちに委員会にその懸念を通知し、それを支持する理由を提供するものとします。

第7条

機械製品の要件

機械製品は、適切に設置および保守され、意図された目的のために、または合理的に予見可能な条件下で使用される場合にのみ、市場で入手可能または使用可能になり、付属書IIIに記載されている基本的な健康および安全要件を満たします。

第8条

特定の連合調和法

特定の機械製品について、附属書IIIに規定されている基本的な安全衛生要件によって対処されるリスクが、他のより具体的な連合調和法によって全体的または部分的にカバーされている場合、この規則は、その機械製品に適用されないものとします。特定の連合法はそのようなリスクをカバーしています。

第9条

欧州議会の委員会との規則(EU)... / ... 29 + 

機械製品に、規則(EU)の基本的な安全衛生要件が適用される人工知能システムが含まれている場合…/…この規則は、その人工知能システムに関連して、全体への安全な統合に関してのみ適用されるものとします。機械製品全体の安全性を損なわないように。

第II章

経済運営者の義務

第10条

メーカーの義務

1.1。機械製品を市場に出すとき、製造業者は、付属書IIIに定められた基本的な健康と安全の要件に従って設計および製造されていることを確認する必要があります。

2.2。機械製品を市場に出す前に、製造業者は付属書IVに記載されている技術文書(「技術文書」)を作成し、第21条または第22条に記載されている関連する適合性評価手順を実行するか、それらを実行する必要があります。 

付属書IIIに規定されている基本的な健康と安全の要件への機械製品の適合性がその適合性評価手順によって実証されている場合、製造業者は第18条に従ってEU適合宣言を作成し、第18条に従ってCEマークを貼付するものとします。 20、部分的に完成した機械を除く。

3.3。製造業者は、機械製品が市場に出されてから10年間、技術文書とEU適合宣言を、関連する場合は市場監視当局が自由に使用できるようにしておくものとします。必要に応じて、技術文書に含まれるソースコードまたはプログラムされたロジックは、管轄の国内当局からの合理的な要求に応じて利用可能になります。ただし、これらの当局が基本的な安全衛生要件への準拠を確認できるようにする必要がある場合に限ります。附属書IIIに記載されています。

4.4。製造業者は、一連の生産の一部である機械製品がこの規則に準拠し続けるための手順が整っていることを確認するものとします。機械製品の製造工程または設計または特性の変更、および機械製品の適合性が宣言されている参照またはその適合性の適用による第17条で言及されている調和規格または技術仕様の変更検証済みは適切に考慮されなければならない。 

機械製品によるリスクに関して適切とみなさすると、メーカーは、健康やエンドユーザーの安全を守るためにするものと、必要であれば、市場で入手可能な機械製品のサンプル検査を行った実行やサービスに入れ、調査し、 、不適合な機械製品および機械製品のリコールに関する苦情の記録を保持し、そのような監視については販売業者に通知し続けるものとします。

5.5。製造業者は、市場に出す機械製品に、その識別を可能にするタイプ、バッチ、シリアル番号、またはその他の要素が付いていること、または機械製品のサイズまたは性質がそれを許可しない場合は、必要な情報が提供されていることを確認する必要がありますパッケージまたは機械製品に付属の文書。

6.6。製造業者は、機械製品、またはそれが不可能な場合は、そのパッケージまたは機械製品に添付された文書で連絡できる名前、登録商標名または登録商標、住所、および電子メールアドレスを示すものとします。。住所は、製造業者に連絡できる単一のポイントを示すものとします。連絡先の詳細は、エンドユーザーおよび市場監視当局が容易に理解できる言語である必要があります。

7。製造業者は、関係する加盟国が決定したように、エンドユーザーが容易に理解できる言語で、付属書IIIのセクション1.7に記載されている指示と情報が機械製品に添付されていることを確認するものとします。そのような指示および情報は、明確で、理解可能で、理解可能で、読みやすいものでなければなりません。 

8.8。製造業者は、機械製品とのEU適合宣言を提供するか、EU適合宣言にアクセスできるインターネットアドレスを付録IIIのセクション1.7に記載されている指示と情報に含めるものとします。

9.9。市場に出した、または使用した機械製品が附属書IIIに定められた基本的な安全衛生要件に適合していないと考える、または信じる理由がある製造業者は、それをもたらすために必要な是正措置を直ちに講じなければならない。必要に応じて、機械製品を適合させ、撤回または回収します。さらに、機械製品にリスクがある場合、製造業者は、機械製品を市場に出回らせた加盟国の管轄当局に、特に不適合および不適合の詳細を直ちに通知するものとします。講じられた是正措置。

10.10。製造業者は、管轄の国内当局からの合理的な要求に加えて、付属書IIIに規定されている基本的な安全衛生要件への機械製品の適合性を実証するために必要なすべての情報と文書を紙または電子形式で提供するものとします。 、その当局が容易に理解できる言語で。彼らは、その要請に応じて、市場に出したり使用したりした機械製品によってもたらされるリスクを排除するために講じられた措置について、その当局に協力するものとします。

第11条

正式な代表者

1.1。製造業者は、書面による委任により、権限のある代表者を任命することができます。

第10条(1)に規定された義務および技術文書を作成する義務は、権限を与えられた代表者の任務の一部を構成しないものとします。

2.2。権限のある代表者は、製造業者から受け取った委任で指定されたタスクを実行するものとします。委任は、権限を与えられた代表者が少なくとも以下を行うことを許可するものとします。

(a)機械製品が市場に出されてから10年間、EU適合宣言と技術文書を国内市場監視当局が自由に使用できるようにしてください。

(b)管轄の国内当局からの合理的な要求に加えて、機械製品の適合性を実証するために必要なすべての情報と文書をその当局に提供します。

(c)権限のある代表者の任務の対象となる機械製品によってもたらされるリスクを排除するために講じられた措置について、管轄の国家当局の要請に応じて協力する。

第12条

輸入業者の義務

1.1。輸入業者は、附属書IIIに定められた基本的な健康と安全の要件に準拠する機械製品のみを市場に出すものとします。

2.2。機械製品を市場に出す前に、輸入業者は、第21条または第22条に記載されている適切な適合性評価手順が製造業者によって実行されていることを確認する必要があります。彼らは、製造業者が技術文書を作成し、機械製品に第19条で言及されているCEマークが付いており、必要な文書が添付されていること、および製造業者が第10条(5)に定められた要件を遵守していることを確認するものとします。)および(6)。   

輸入者が、機械製品が附属書IIIに定められた基本的な健康と安全の要件に適合していないと考える、または信じる理由がある場合、輸入者は、適合するまでそれを市場に出してはならない。さらに、機械製品が人の健康と安全、および適切な場合は家畜と財産、および該当する場合は環境にリスクをもたらす場合、輸入者は製造業者と市場監視当局にその影響を通知するものとします。

3.3。輸入者は、名前、登録商標名または登録商標、住所、および機械製品、またはそれが不可能な場合はそのパッケージまたは機械製品に添付された文書で連絡できる電子メールアドレスを示さなければなりません。 。連絡先の詳細は、エンドユーザーおよび市場監視当局が容易に理解できる言語である必要があります。

4.4。輸入者は、関係する加盟国が決定したように、エンドユーザーが容易に理解できる言語で、付属書IIIのセクション1.7に記載されている指示と情報が機械製品に添付されていることを確認するものとします。 

5.5。輸入業者は、機械製品が責任を負っている間、保管または輸送条件が付属書IIIに規定されている基本的な健康および安全要件への適合を危険にさらさないことを保証するものとします。

6.6。輸入者は、人の健康と安全、および適切な場合は家畜と財産、および該当する場合は機械製品によって提示される環境に対するリスクに関して適切と見なされる場合、不適合な機械製品および機械製品のリコールの市場、調査、および必要に応じて苦情の記録を保持し、そのような監視について販売業者に通知し続けるものとします。

7。市場に出した機械製品が附属書IIIに定められた基本的な安全衛生要件に適合していないと考える、または信じる理由がある輸入業者は、その機械製品を必要に応じて、それを撤回またはリコールするための適合性。さらに、機械製品が人の健康と安全、および適切な場合は家畜と財産、および該当する場合は環境にリスクをもたらす場合、輸入業者は、それらを製造した加盟国の管轄国内当局に直ちに通知するものとします。その趣旨で市場に出回っている機械製品。特に、不適合および講じられた是正措置の詳細を示します。

8.8。輸入業者は、機械製品が市場に出されてから10年間、EU適合宣言のコピーを市場監視当局が自由に使用できるように保管し、それらの当局が技術文書を利用できるようにする必要があります。必要に応じて、技術文書に含まれるソースコードまたはプログラムされたロジックは、管轄の国内当局からの合理的な要求に応じて利用可能になります。ただし、これらの当局が設定された基本的な安全衛生要件への準拠を確認できるようにする必要がある場合に限ります。付録IIIに記載されています。

9.9。輸入業者は、管轄の国内当局からの合理的な要求に加えて、付属書IIIに規定されている基本的な安全衛生要件への機械製品の適合性を実証するために必要なすべての情報と文書を紙または電子形式で提供するものとします。その当局が容易に理解できる言語で。彼らは、要請に応じて、人の健康と安全、および適切な場合には家畜と財産、および該当する場合は機械製品によってもたらされる環境へのリスクを排除するために講じられた措置について、その当局と協力するものとします。市場に出ました。

第13条

ディストリビューターの義務

1.1。機械製品を市場に出すとき、販売業者はこの規則の要件に関して十分な注意を払って行動するものとします。

2.2。機械製品を市場に出す前に、販売業者は次のことを確認する必要があります。

(a)機械製品にはCEマークが付いています。

(b)機械製品には、必要な文書と、機械製品を提供する加盟国のエンドユーザーが容易に理解できる言語で付属書IIIのセクション1.7に記載されている指示と情報が添付されています。市場; 

(c)製造業者と輸入業者は、それぞれ第10条(5)と(6)および第12条(3)に定められた要件を遵守しています。   

3.3。機械製品が附属書IIIに定められた基本的な安全衛生要件に適合していないと販売業者が考える、または信じる理由がある場合、販売業者は、適合するまで機械製品を市場に出してはならない。さらに、機械製品が人の健康と安全、および適切な場合は家畜と財産、および該当する場合は環境にリスクをもたらす場合、販売業者は製造業者と市場監視当局にその旨を通知するものとします。

4.4。ディストリビューターは、機械製品が責任を負っている間、保管または輸送条件が付属書IIIに規定されている基本的な健康および安全要件への適合を危うくしないことを保証するものとします。

5.5。市場に出回っている機械製品が附属書IIIに定められた基本的な安全衛生要件に準拠していないと考える、または信じる理由がある販売業者は、その機械を持ち込むために必要な是正措置を確実にするものとします。必要に応じて、製品を適合させ、撤回または回収します。さらに、機械製品が人の健康と安全、および適切な場合は家畜と財産、および該当する場合は環境にリスクをもたらす場合、販売業者は、製造した加盟国の管轄国内当局に直ちに通知するものとします。その趣旨で市場に出回っている機械製品。特に、不適合および講じられた是正措置の詳細を示します。

6.6。ディストリビューターは、管轄の国内当局からの合理的な要求に加えて、付属書IIIに規定されている基本的な安全衛生要件への機械製品の適合性を実証するために必要なすべての情報と文書を紙または電子形式で提供するものとします。その当局が容易に理解できる言語で。彼らは、要請に応じて、人の健康と安全、および適切な場合には家畜と財産、および該当する場合は機械製品によってもたらされる環境へのリスクを排除するために講じられた措置について、その当局と協力するものとします。それらは市場で利用可能になりました。

第14条

製造業者の義務が輸入業者および流通業者に適用される場合

輸入業者または流通業者は、この規則の目的上、製造業者と見なされ、その輸入業者または流通業者が自分の名前または商標で機械製品を市場に出す場合、第10条に定められた製造業者の義務に従うものとします。すでに市場に出されている、または使用されている機械製品の大幅な変更を実行します。

第15条

メーカーの義務が適用されるその他の場合

機械製品の大幅な変更を行う、製造業者、輸入業者、または販売業者以外の自然人または法人は、本規則の目的上、製造業者と見なされ、定められた製造業者の義務に従うものとします。変更の影響を受ける機械製品の一部、または大幅な変更が機械製品全体の安全性に影響を与える場合は、機械製品全体については、第10条に記載されています。

第16条

経済事業者の特定

1.1。経済事業者は、要求に応じて、市場監視当局に以下を特定するものとします。

(a)機械製品を供給した経済事業者。

(b)機械製品を供給した経済事業者。

2.2。経済事業者は、機械製品が供給されてから10年間、および機械製品が供給されてから10年間、第1項に記載の情報を提示できなければならない。

第III章

機械の適合性

第17条

機械製品の適合性の推定

1.1。欧州連合官報に参照が公開されている統一規格またはその一部に準拠している機械製品は、それらの対象となる付属書IIIに規定されている基本的な安全衛生要件に準拠していると推定されるものとします。標準またはその一部。

2.2。欧州委員会は、規則(EU)No 1025/2012の第10条(1)に規定されているように、1つ以上の欧州標準化組織に附属書IIIに定められた基本的な安全衛生要件の調和基準を起草するよう要求するものとします。

3.3。委員会は、以下の条件が満たされている場合、附属書IIIに定められた基本的な健康と安全の要件の技術仕様を確立する実施法を採択する権限を与えられています。

(a)関連する基本的な健康と安全の要件をカバーする調和のとれた基準への言及は、規則(EU)No1025 / 2012に従って欧州連合官報に公開されていません。

(b)欧州委員会は、1つ以上のヨーロッパの標準化組織に、基本的な健康と安全の要件に関する統一された標準の草案を作成するよう要求しました。標準化手順に過度の遅延があるか、ヨーロッパの標準化組織のいずれにも要求が受け入れられていません。

これらの実施行為は、第46条(3)に規定する審査手続に従って採択されるものとする。

4.4。技術仕様またはその部品に適合している機械製品は、それらの技術仕様またはその部品がカバーする付属書IIIに規定されている基本的な健康および安全要件に適合していると推定されるものとします。

5.5。規則(EU)2019/881に従って採用されたサイバーセキュリティスキームに基づいて認定された、または適合宣言が発行され、その参照が欧州連合官報に公開されている機械製品が推定されます。サイバーセキュリティ証明書でカバーされている限り、破損に対する保護と制御システムの安全性および信頼性に関して、付録IIIのセクション1.1.9および1.2.1に規定されている基本的な健康および安全要件に準拠していること。または適合宣言またはその一部。

第18条

EU適合宣言

1.1。EU適合宣言は、付属書IIIに規定されている該当する基本的な健康と安全の要件の達成が実証されていることを記載するものとします。

2.2。EU適合宣言は、付属書Vに記載されているモデル構造を持ち、付属書VI、VII、VIII、およびIXに記載されている関連モジュールに指定されている要素を含み、継続的に更新されるものとします。それは、機械製品が市場に出されるか、市場で利用可能になる加盟国が要求する1つまたは複数の言語に翻訳されるものとします。

3.3。機械製品がEU適合宣言を必要とする複数の連合法の対象となる場合、そのようなすべての連合法に関して単一のEU適合宣言が作成されるものとします。その宣言には、出版物の参照を含む、関係する連合の行為の識別が含まれるものとします。

4.4。EU適合宣言を作成することにより、製造業者は、機械製品がこの規則に定められた要件に準拠する責任を負うものとします。

第19条

CEマーキングの一般原則

CEマーキングは、規則(EC)No765 / 2008の第30条に定められた一般原則に従うものとします。

第20条

CEマーキングの貼付規則

1.1。CEマークは、機械製品に視覚的、読みやすく、消えないように貼付する必要があります。機械製品の性質上、それが不可能または保証されない場合は、パッケージおよび機械製品に添付されている文書に添付するものとします。

2.2。CEマークは、機械製品を市場に出す前に貼付する必要があります。

3.3。附属書IXに従って通知機関が参加する適合性評価の機械製品の場合、CEマーキングの後にその通知機関の識別番号が続くものとします。

通知された機関の識別番号は、機関自体によって、またはその指示の下で、製造業者または製造業者の正式な代表者によって添付されるものとします。

4.4。CEマーキング、および該当する場合は通知機関の識別番号の後に、特別なリスクまたは使用を示すピクトグラムまたはその他のマーキングが続く場合があります。

5.5。加盟国は、CEマーキングを管理する体制の正しい適用を確実にするために既存のメカニズムに基づいて構築し、そのマーキングの不適切な使用の場合には適切な措置を講じるものとします。

 

第IV章

適合性評価

第21条

部分的に完成した機械を除く機械製品の適合性評価手順

1.1。機械製品の本規則への適合性を証明するために、製造業者またはその権限を与えられた代表者、および機械製品に大幅な変更を加えた者は、第2項に記載の適合性評価手順の1つを適用するものとします。および3。

2.2。機械製品が附属書Iに記載されているリスクの高い機械製品である場合、製造業者または製造業者の正式な代表者、および機械製品に大幅な変更を加えた者は、以下の手順のいずれかを適用するものとします。

(a)附属書VIIに規定されているEU型式審査手順(モジュールB)、続いて附属書VIIIに規定されている内部生産管理(モジュールC)に基づく型式への適合。

(b)付属書IXに記載されている完全な品質保証(モジュールH)に基づく適合性。

3.3。機械製品が附属書Iに記載されているリスクの高い機械製品でない場合、製造業者または製造業者の正式な代表者、および機械製品に大幅な変更を加えた者は、定められた内部生産管理手順(モジュールA)を適用するものとします。附属書VI。

4.4。通知機関は、適合性評価の料金を設定する際に中小企業の特定の利益とニーズを考慮し、それらの特定の利益とニーズに比例してそれらの料金を削減するものとします。

第22条

部分的に完成した機械の適合性評価手順

1.1。部分的に完成した機械の製造業者または製造業者の正式な代表者は、部分的に完成した機械を市場に出す前に、以下の文書が作成されていることを確認するものとします。

(a)付録IV、パートBに規定されている要件を満たす関連技術文書。

(b)附属書Xに定められた要件を満たす組み立て説明書。

(c)附属書Vに定められたモデル構造を持つEU設立宣言。

2.2。関連する場合、部分的に完成した機械の製造業者または製造業者の権限のある代表者は、その要求に応じて、パラグラフ1、ポイント(a)、に記載されている技術文書に含まれるソースコードまたはプログラムされたロジックを所轄官庁に提供するものとします。その当局が附属書IIIに定められた基本的な健康と安全の要件への準拠をチェックできるようにするために必要です。パラグラフ1、ポイント(b)で言及されている組み立て説明書、およびパラグラフ1、ポイント(c)で言及されている組み込み宣言は、最終機械製品に組み込まれるまで部分的に完成した機械に付随し、その後、一部を形成するものとします。その機械製品の技術ファイルの。

第23条

機械製品の設置および使用中の人の保護

加盟国は、機械製品を設置および使用する際に労働者を含む人を保護するための要件を定めることができます。ただし、そのような規則では、この規則に準拠しない方法で機械製品を変更することは許可されていません。

 

第V章

適合性評価機関への通知

第24条

お知らせ

加盟国は、委員会および他の加盟国に、この規則に従って適合性評価を実施する権限を与えられた適合性評価機関を通知するものとします。

第25条

通知当局

1.1。加盟国は、第32条の遵守を含め、適合性評価機関の評価と通知、および通知機関の監視に必要な手順を設定および実行する責任を負う通知機関を指定するものとします。

2.2。加盟国は、パラグラフ1で言及されている評価と監視は、規則(EC)No 765/2008の意味の範囲内で、それに従って、国家認定機関によって実施されることを決定することができます。

3.3。通知機関が、本条の第1項で言及されている評価、通知、または監視を、政府機関ではない機関に委任または委託する場合、その機関は法人であり、必要な変更を加えて、第26条さらに、その機関は、その活動から生じる責任をカバーするための取り決めを有するものとする。

4.4。通知機関は、第3項で言及されている機関によって実行されるタスクに対して全責任を負うものとします。

第26条

当局への通知に関する要件

1.1。通知機関は、適合性評価機関との利益相反が発生しないように設立されるものとします。

2.2。通知機関は、その活動の客観性と公平性を保護するために組織され、運営されるものとします。

3.3。通知機関は、適合性評価機関の通知に関する各決定が、機械製品の評価を実施した者とは異なる有能な者によって行われるように組織されなければならない。

4.4。通知機関は、適合性評価機関が実施する活動、または商業的または競争的ベースでのコンサルティングサービスを提供または提供してはなりません。

5.5。通知機関は、取得した情報の機密性を保護するものとします。

6.6。通知機関は、その任務を適切に遂行するために十分な数の有能な要員を自由に使えるようにしなければならない。

第27条

当局への通知に関する情報の義務

加盟国は、適合性評価機関の評価と通知、通知機関の監視の手順、およびそれらの変更について委員会に通知するものとします。

委員会はその情報を公に利用可能にするものとします。

第28条

通知機関に関する要件

1.1。通知の目的で、適合性評価機関は、第2項から第11項に規定された要件を満たさなければならない。

2.2。適合性評価機関は、加盟国の国内法に基づいて設立され、法人格を有するものとします。

3.3。適合性評価機関は、評価する組織または機械製品から独立した第三者機関でなければなりません。

評価する機械製品の設計、製造、提供、組み立て、使用、または保守に関与する事業を代表する業界団体または専門家連盟に属する団体は、その独立性および利益相反がないことを条件として、実証された、そのような適合性評価機関と見なされます。

4.4。適合性評価機関、そのトップレベルの管理者、および適合性評価タスクの実行に責任のある担当者は、機械製品の設計者、製造者、供給者、設置者、購入者、所有者、ユーザー、または保守者であってはなりません。それらの当事者のいずれかの代表者。これは、適合性評価機関の運営に必要な機械製品の使用または個人的な目的での機械製品の使用を排除するものではありません。

適合性評価機関、そのトップレベルの管理者、および適合性評価タスクの実行を担当する担当者は、機械製品の設計、製造、マーケティング、設置、使用、または保守に直接関与したり、それらに関与する当事者を代表したりしてはなりません。活動。彼らは、通知を受けた適合性評価活動に関して、判断の独立性または完全性と矛盾する可能性のある活動に従事してはなりません。これは特にコンサルティングサービスに適用されます。

適合性評価機関は、その子会社または下請け業者の活動が、その適合性評価活動の機密性、客観性、または公平性に影響を与えないことを保証するものとします。

5.5。適合性評価機関とその職員は、特定の分野で最高度の専門的誠実さと必要な技術的能力を備えた適合性評価活動を実施し、その判断または特にそれらの活動の結果に関心のある個人または個人のグループに関して、その適合性評価活動の結果。

6.6。適合性評価機関は、付属書VII、VIII、およびIXに記載され、通知を受けたすべての適合性評価活動を、それらのタスクが適合性評価機関自体によって実行されるか、その代理として実行されるかにかかわらず、実行できるものとします。その責任の下で。

常に、また各適合性評価手順および通知された各種類の機械製品について、適合性評価機関は必要なものを自由に使用できるものとします。

(a)適合性評価活動を実施するための技術的知識と十分かつ適切な経験を有する要員。

(b)適合性評価が実施される手順の説明。これらの手順の透明性と再現能力を確保します。

(c)通知機関として実施する活動とその他の活動を区別するための適切な方針と手順。

(d)事業の規模、事業を行う部門、その構造、問題の機械技術の複雑さの程度、および製造プロセスの大量または連続的な性質を十分に考慮した適合性評価活動の実施手順。

適合性評価機関は、適合性評価活動に関連する技術的および管理的タスクを適切な方法で実行するために必要な手段を備え、必要なすべての機器または設備にアクセスできるものとします。

7。適合性評価タスクの実行を担当する担当者は、次のものを持っている必要があります。

(a)適合性評価機関に通知されたすべての適合性評価活動をカバーする健全な技術的および職業的訓練。

(b)彼らが実施する評価の要件に関する十分な知識と、それらの評価を実施するための適切な権限。

(c)附属書IIIに定められた基本的な健康と安全の要件、第17条で言及されている適用可能な調和基準、および連合調和法と国内法の関連規定に関する適切な知識と理解。

(d)適合性評価が実施されたことを示す証明書、記録、およびレポートを作成する機能。

8.8。適合性評価機関、そのトップレベルの管理者、および適合性評価活動の実施に責任を負う担当者の公平性が保証されるものとします。

トップレベルの経営陣および適合性評価活動を実施する責任者の報酬は、実施された適合性評価の数またはそれらの評価の結果に依存してはならない。

9.9。適合性評価機関は、国内法に従って加盟国が責任を負わない限り、または加盟国自体が適合性評価に直接責任を負わない限り、賠償責任保険に加入するものとします。

10.10。適合性評価機関の職員は、その活動が行われている加盟国の管轄当局に関連する場合を除き、付属書VII、VIII、およびIXに従って適合性評価活動を実施する際に得られるすべての情報に関して専門家の秘密を遵守するものとします。実施した。所有権、知的財産権および企業秘密は保護されなければならない。

11.11。適合性評価機関は、関連する標準化活動および第40条に基づいて設立された通知機関調整グループの活動に参加するか、適合性評価活動を実施する責任者に通知することを保証し、一般的なガイダンスとして行政に適用するものとします。そのグループの作業の結果として作成された決定と文書。

第29条

通知機関の適合性の推定

適合性評価機関が、関連する調和規格またはその参照が欧州連合官報に掲載されているその一部に定められた基準に適合していることを示す場合、第1条に定められた要件に準拠していると推定されるものとします。該当する調和規格がこれらの要件をカバーしている限り、28。

第30条

通知機関の子会社および下請け

1.1。通知機関は、適合性評価に関連する特定のタスクを下請けに出すか、子会社に頼る場合、下請け業者または子会社が第28条に定められた要件を満たしていることを確認し、それに応じて通知機関に通知するものとします。

2.2。通知機関は、下請け業者または子会社が設立された場所で実行されるタスクに対して全責任を負うものとします。

3.3。活動は、クライアントの同意がある場合にのみ、子会社によって下請けまたは実行される場合があります。

4.4。通知機関は、下請け業者または子会社の資格の評価および付属書VII、VIII、およびIXに基づいてそれらによって実行される作業に関する関連文書を通知機関が自由に使用できるようにするものとします。

第31条

通知の申請

1.1。適合性評価機関は、それが設立された加盟国の通知機関に通知の申請書を提出するものとします。

2.2。通知の申請には、適合性評価活動、付属書VII、VIII、およびIXに規定されている適合性評価手順、および適合性評価機関が有能であると主張する機械製品の種類の説明を添付するものとします。適合性評価機関が第28条に定められた要件を満たしていることを証明する国家認定機関によって発行された認定証明書(存在する場合)によるものと同様です。

3.3。関係する適合性評価機関は、第2項に記載の認定証明書を提供できない場合、通知機関に、第28条に定められた要件への準拠の検証、認識、および定期的な監視に必要なすべての証拠書類を提供するものとします。

第32条

通知手順

1.1。通知機関は、第28条に定められた要件を満たした適合性評価機関にのみ通知するものとします。

2.2。通知機関は、委員会が開発および管理する電子通知ツールを使用して、委員会および第1項で言及されている各適合性評価機関の他の加盟国に通知を送信するものとします。

3.3。第2項で言及される通知には、以下が含まれるものとします。

(a)実行される適合性評価活動の完全な詳細。

(b)適合性評価モジュールまたは関連する機械製品の種類の表示。

(c)関連する能力の証明。

4.4。通知が第31条(2)で言及されている認定証明書に基づいていない場合、通知機関は委員会および他の加盟国に、適合性評価機関の能力およびそれを確実にするために実施されている取り決めを証明する文書証拠を提供するものとします。その機関は定期的に監視され、第28条に定められた要件を引き続き満たします。

5.5。関係する適合性評価機関は、通知の検証から2週間以内に委員会または他の加盟国から異議が提起されない場合にのみ通知機関の活動を行うことができます。通知には第31条(2)に記載の認定証明書が含まれます。 、または通知から2か月以内(第31条(3)で言及​​されている証拠書類が含まれている場合)。

この規則の目的上、そのような機関のみが通知機関と見なされるものとします。

6.6。通知機関は、第2項で言及されている通知に対するその後の関連する変更について、委員会および他の加盟国に通知するものとします。

第33条

通知機関の識別番号とリスト

1.1。委員会は、通知機関に識別番号を割り当てるものとします。

いくつかの連合法の下で団体に通知された場合でも、そのような番号を1つ割り当てるものとします。

2.2。委員会は、それらに割り当てられた識別番号およびそれらが通知された適合性評価活動を含む通知された機関のリストを公に利用可能にするものとします。

委員会は、リストが最新に保たれることを保証するものとします。

第34条

通知の変更

1.1。通知機関が第28条に定められた要件を満たさなくなったこと、または通知機関が第35条に定められた義務を履行していないことを確認または通知された場合、通知機関はこれらの要件を満たしていない、またはこれらの義務を履行していないことの重大性に応じて、必要に応じて通知します。それは直ちに委員会と他の加盟国にそれに応じて通知しなければならない。

2.2。通知の制限、一時停止、撤回の場合、または通知機関がその活動を停止した場合、通知機関は、その機関のファイルが別の通知機関によって処理されるか、責任者が利用できるようにするための適切な措置を講じるものとします。当局の要請に応じて、当局に通知し、市場に出す。

第35条

通知機関の能力への挑戦

1.1。委員会は、通知機関の能力または通知機関による継続的な履行に関して、疑わしい、または疑わしいことに注意が向けられたすべてのケースを調査するものとします。

2.2。通知機関は、要請に応じて、通知の根拠または関係する通知機関の能力の維持に関連するすべての情報を委員会に提供するものとします。

3.3。委員会は、調査の過程で得られたすべての機密情報が機密として扱われることを保証するものとします。

4.4。委員会は、通知機関が通知の要件を満たしていない、またはもはや満たしていないことを確認した場合、必要に応じて通知の撤回を含む必要な是正措置を講じるよう通知機関に要求する実施法を採択するものとします。

その実施法は、第46条(2)に記載の諮問手続に従って採択されるものとする。

第36条

通知機関の運用上の義務

1.1。通知機関は、付属書VII、VIII、およびIXに規定されている適合性評価手順に従って適合性評価を実施するものとします。

2.2。通知機関は、経済運営者の不必要な負担を回避し、事業の規模、事業を行う部門、事業の構造、事業の複雑さの程度を十分に考慮して、比例して活動を行うものとします。問題の機械技術と製造プロセスの大量または連続的な性質。

その際、通知機関は、それでもなお、機械製品をこの規則の要件に準拠させるために必要な厳格さの程度と保護のレベルを尊重するものとします。

3.3。通知機関が、附属書IIIに定められた基本的な安全衛生要件、または第17条で言及されている統一基準、またはその他の技術仕様が製造業者によって満たされていないことを発見した場合、製造業者は適切な是正措置を講じることを要求するものとします。適合証明書を発行したり、承認決定を採用したりしてはなりません。 

4.4。適合証明書の発行または承認決定の採択に続く適合の監視の過程で、通知機関が機械製品がもはや適合していないことを発見した場合、製造業者に適切な是正措置を講じることを要求しなければならない。必要に応じて、適合証明書または承認決定を一時停止または撤回します。

5.5。是正措置が講じられていない、または必要な効果がない場合、通知機関は、必要に応じて、適合証明書または承認決定を制限、一時停止、または撤回するものとします。

第37条

通知機関の決定に対する上訴

通知機関は、その決定に対する透明でアクセス可能な上訴手続きが利用可能であることを保証するものとします。

第38条

通知機関に関する情報義務

1.1。通知機関は、通知機関に次のことを通知するものとします。

(a)適合証明書または承認決定の拒否、制限、一時停止、または撤回。

(b)通知の範囲または通知の条件に影響を与える状況。

(c)適合性評価活動に関して市場監視当局から受け取った情報の要求。

(d)要求に応じて、通知の範囲内で実行される適合性評価活動、および国境を越えた活動や下請けを含む、実行されるその他の活動。

2.2。通知機関は、同じ種類の機械製品を対象とする同様の適合性評価活動を実施する他の通知機関に、否定的および要求に応じて肯定的な適合性評価結果に関連する問題に関する関連情報を提供するものとします。

第39条

経験の交換

委員会は、通知方針に責任のある加盟国の国内当局間の経験の交換の組織を提供するものとします。

第40条

通知機関の調整

委員会は、通知機関間の適切な調整と協力が実施され、通知機関の部門別グループの形で適切に運営されることを保証するものとする。

通知機関は、直接または指定された代表者を介して、そのグループの作業に参加するものとします。

第6章

ユニオン市場の監視、ユニオン市場に参入する機械製品の管理、およびユニオンの安全手順

 

第41条

リスクを示す機械製品を取り扱うための国家レベルでの手順

1.1。ある加盟国の市場監視当局が、この規則の対象となる機械製品が人の健康または安全、および適切な場合は家畜または財産、および該当する場合は環境にリスクをもたらすと信じる十分な理由がある場合、彼らは、この規則に定められたすべての関連要件をカバーする関連する機械製品に関連して評価を実施するものとします。関連する経済事業者は、その目的のために必要に応じて市場監視当局と協力するものとします。

最初のサブパラグラフで言及された評価の過程で、市場監視当局が機械製品がこの規則に定められた要件に準拠していないことを発見した場合、遅滞なく、関連する経済運営者にすべての適切な是正措置を講じることを要求するものとします。機械製品をこれらの要件に準拠させる、市場から機械製品を撤回する、または最初のサブパラグラフで言及されているリスクの性質に見合った合理的な期間内にそれを回収するための措置。

市場監視当局は、それに応じて関連する通知機関に通知するものとします。

2.2。市場監視当局は、不遵守が自国の領土に限定されていないと考える場合、評価の結果と経済運営者に取るべき行動を委員会と他の加盟国に通知しなければならない。

3.3。経済運営者は、経済運営者が連合全体の市場で利用可能にした関連するすべての機械製品に関して、すべての適切な是正措置が講じられることを保証するものとします。

4.4。関連する経済運営者が第1項第2項に記載の期間内に適切な是正措置を講じない場合、市場監視当局は、国内市場で入手可能な機械製品を禁止または制限するためのすべての適切な暫定措置を講じて撤回するものとします。その市場からの機械製品またはそれをリコールする。

市場監視当局は、委員会および他の加盟国に遅滞なくこれらの措置を通知するものとします。

5.5。パラグラフ4、2番目のサブパラグラフで参照される情報には、入手可能なすべての詳細、特に非準拠の機械製品の識別に必要なデータ、その機械製品の出所、申し立てられた非準拠の性質、および関係するリスク、取られた国内措置の性質と期間、および関連する経済運営者によって提起された議論。特に、市場監視当局は、違反が以下のいずれかに起因するかどうかを示さなければなりません。

(a)機械製品が附属書IIIに定められた基本的な健康と安全の要件に関連する要件を満たしていない。

(b)第17条(1)で言及されている調和規格の欠点。

(c)第17条(4)で言及されている技術仕様の欠点。

6.6。本条に基づく手続きを開始する加盟国以外の加盟国は、遅滞なく、委員会および他の加盟国に、採用された措置および当該機械製品の不遵守に関連して自由に使える追加情報を通知するものとする。採択された国内措置に同意しない場合、彼らの異議。

7。第4項第2項に記載の情報を受け取ってから3か月以内に、加盟国が講じた暫定措置に関して加盟国または委員会のいずれからも異議が唱えられなかった場合、その措置は正当であるとみなされるものとする。 。

8.8。加盟国は、当該機械製品に関して、市場からの機械製品の撤退などの適切な制限措置が遅滞なく講じられることを保証するものとする。

第42条

ユニオンセーフガード手順

1.1。第41条(3)および(4)に定められた手続きの完了時に、加盟国が講じた措置に対して異議が唱えられた場合、または委員会が国内措置が連合の法律に反すると見なした場合、委員会は遅滞なく、加盟国および関連する経済運営者と協議を開始し、国内措置を評価するものとします。その評価の結果に基づいて、委員会は、国の措置が正当化されるかどうかを決定する決定の形で実施法を採択するものとする。

委員会は、その決定をすべての加盟国に向け、遅滞なく加盟国および関連する経済運営者に伝達するものとします。

その実施法は、第46条(3)に規定の審査手続に従って採択されるものとする。

2.2。国の措置が正当であるとみなされる場合、すべての加盟国は、非準拠の機械製品が市場から撤退することを確実にするために必要な措置を講じ、それに応じて委員会に通知するものとします。

国の措置が不当であるとみなされる場合、関係する加盟国はその措置を撤回するものとする。

3.3。国の措置が正当であるとみなされ、機械製品の不適合が、本規則の第41条(5)、ポイント(b)および(c)で言及されている調和規格または技術仕様の欠点に起因する場合、委員会は、規則(EU)No1025 / 2012の第11条に規定されている手順を適用するものとします。

第43条

リスクを伴う適合機械製品

1.1。加盟国は、第41条(1)に基づく評価を実施した結果、機械製品は付属書IIIに規定された基本的な安全衛生要件に準拠しているものの、人の健康と安全にリスクをもたらすと判断した場合。また、必要に応じて、家畜または財産、および該当する場合は環境に関連する機械製品が市場に出されたときに、そのリスクをもはや示さないようにするために、関連する経済運営者にすべての適切な措置を講じることを要求するものとします。機械製品を市場から撤退するか、リスクの性質に見合った合理的な期間内にリコールすること。

2.2。経済運営者は、経済運営者が連合全体の市場で利用可能にした関連するすべての機械製品に関して是正措置が講じられることを保証するものとします。

3.3。加盟国は直ちに委員会および他の加盟国に通知するものとします。その情報には、入手可能なすべての詳細、特に関連する機械製品の識別に必要なデータ、機械製品の起源とサプライチェーン、関連するリスクの性質、および講じられた国の措置の性質と期間が含まれるものとします。

4.4。委員会は遅滞なく加盟国および関連する経済運営者と協議を開始し、講じられた国内措置を評価するものとします。その評価の結果に基づいて、委員会は、国内措置が正当化されるかどうかを決定する決定の形で実施法を採択し、必要に応じて適切な措置を命じるものとする。 

その実施法は、第46条(3)に規定の審査手続に従って採択されるものとする。

委員会は、人の健康と安全の保護に関連する緊急の正当な理由により、第46条(4)に記載の手順に従って直ちに適用される実施法を採択するものとします。

5.5。委員会は、その決定をすべての加盟国に向け、直ちに加盟国および関連する経済運営者に伝達するものとします。

第44条

正式なコンプライアンス違反

1.1。加盟国が機械製品に関して以下の調査結果のいずれかを行う第41条を害することなく、関連する経済運営者は当該の不遵守に終止符を打つことを要求するものとします。

(a)CEマーキングは、規則(EC)No765 / 2008の第30条またはこの規則の第20条に違反して貼付されています。

(b)CEマークは貼付されていません。

(c)生産管理段階に関与する通知機関の識別番号が第20条(3)に違反して添付されているか、または添付されていない。

(d)EU適合宣言が作成されていないか、正しく作成されていません。

(e)技術文書が利用できないか、完全ではありません。

(f)第10条(6)または第12条(3)で言及​​されている情報が存在しない、虚偽である、または不完全である。

(g)第10条または第12条に規定されているその他の管理要件は満たされていません。

2.2。パラグラフ1で言及されている違反が続く場合、関係する加盟国は、市場で入手可能な機械製品を制限または禁止するため、または市場からのリコールまたは撤回を確実にするためにすべての適切な措置を講じるものとします。

第7章

委任された権限と委員会の手順

第45条

代表団の行使

1.1。委任された行為を採用する権限は、本条に定められた条件に従って委員会に付与されます。

2.2。第5条(2)および第6条(2)で言及されている委任された行為を採用する権限は、…[この規則の発効日]から5年間委員会に付与されるものとする。委員会は、5年間の期間が終了する9か月前までに、権限の委任に関する報告書を作成するものとします。欧州議会または理事会が各期間の終了の3か月前までにそのような延長に反対しない限り、権限の委任は同じ期間の期間にわたって暗黙のうちに延長されるものとします。

3.3。委任された行為を採択する前に、委員会は、より良い法律制定に関する2016年4月13日の機関間協定に定められた原則に従って各加盟国によって指定された専門家に相談するものとします。

4.4。第5条(2)および第6条(2)で言及されている権限の委任は、欧州議会または理事会によっていつでも取り消される可能性があります。取り消す決定は、その決定で指定された権限の委任に終止符を打つものとします。これは、欧州連合官報に決定が公表された翌日、またはそこで指定された後日に発効するものとします。すでに施行されている委任された行為の有効性に影響を与えないものとします。

5.5。委任された行為を採択するとすぐに、委員会はそれを欧州議会と理事会に同時に通知するものとします。

6.6。第5条(2)および第6条(2)に従って採択された委任された行為は、その行為が欧州議会に通知されてから2か月以内に、欧州議会または理事会のいずれかによって異議が表明されなかった場合にのみ発効するものとします。理事会、またはその期間が満了する前に、欧州議会と理事会の両方が委員会に異議を唱えないことを通知した場合。その期間は、欧州議会または理事会の主導により2か月延長されるものとします。

第46条

委員会の手続き

1.1。委員会は委員会によって支援されるものとします。その委員会は、規則(EU)No182 / 2011の意味の範囲内の委員会でなければなりません。

2.2。この段落を参照する場合、規則(EU)No182 / 2011の第4条が適用されるものとします。

3.3。この段落を参照する場合、規則(EU)No182 / 2011の第5条が適用されるものとします。

4.4。この段落を参照する場合は、規則(EU)No 182/2011の第8条が、その第5条と併せて適用されるものとします。

5.5。委員会は、規則(EU)No 1025/2012またはその他のEU法によって部門の専門家の協議が必要とされる事項について、委員会によって協議されるものとします。

委員会はさらに、その手続規則に従って、委員長または加盟国の代表者のいずれかによって提起された本規則の適用に関するその他の事項を検討することができる。

 

第8章

守秘義務と罰則

第47条

守秘義務

1.1。すべての当事者は、この規則に従ってタスクを実行する際に取得した次の情報およびデータの機密性を尊重するものとします。

(a)個人データ;

(b)開示が公益である場合を除き、知的財産権を含む、自然人または法人の商業上の機密情報および企業秘密。

2.2。パラグラフ1を害することなく、管轄の国家当局間および管轄の国家当局と委員会の間で秘密裏に交換される情報は、元の管轄の国家当局の事前の同意なしに開示してはならない。

3.3。パラグラフ1および2は、情報の交換および警告の配布に関する委員会、加盟国および通知機関の権利および義務、あるいは刑法に基づいて情報を提供する関係者の義務に影響を与えないものとします。

4.4。委員会と加盟国は、二国間または多国間機密保持協定を締結した第三国の規制当局と機密情報を交換することができます。

第48条

ペナルティ

1.1。加盟国は、この規則の経済運営者による侵害に適用される罰則に関する規則を定め、それらが確実に執行されるようにするために必要なすべての措置を講じるものとします。規定された罰則は、効果的で、比例的かつ、説得力のあるものでなければならず、重大な侵害に対する刑事罰を含む場合があります。

2.2。加盟国は、これらの規則および措置を…[この規則の発効日から24か月後]までに委員会に通知し、それらに影響を与えるその後の修正を遅滞なく通​​知するものとします。

 

第9章

暫定および最終規定

第49条

廃止

1.1。指令73/361 / EECは廃止されます。

廃止された指令73/361 / EECへの言及は、この規則への言及として解釈されるものとします。

2.2。指令2006/42 / ECは、…[この規則の発効日から30か月後]から廃止されます。

廃止された指令2006/42 / ECへの言及は、この規則への言及として解釈され、附属書XIの相関表に従って読まれるものとします。

第50条

暫定規定

1.1。加盟国は、…[この規則の発効日から42か月後]、指令2006/42 / ECに準拠して市場に出された機械の市場での利用可能化を…[日付この規則の発効]。しかし、本規則の第VI章が適用されるもの準用する手順は、すでに第11条指令2006/42 / ECの下で開始された機械を含む、このような機械の代わりに、その指令の第11条になどから... [エントリの日付この規則の発効]。

2.2。指令2006/42 / ECの第14条に従って発行されたEC型式審査証明書および承認決定は、その日より前に失効しない限り、…[この規則の発効日から42か月後]まで有効です。

第51条

評価とレビュー

1.1。… [この規則の発効日から54か月後]およびその後4年ごとに、委員会はこの規則の評価とレビューに関する報告書を欧州議会と理事会に提出するものとします。報告は公表されなければならない。

2.2。第5条に示されているように、加盟国で得られた技術的進歩と実務経験を考慮して、委員会はその報告書にこの規則の以下の側面に関する評価を含めるものとする。

(a)附属書IIIに定められた基本的な健康と安全の要件。

(b)附属書Iに記載されている高リスクの機械製品に適用可能な適合性評価手順。

必要に応じて、報告書には、本規則の関連規定の修正に関する立法案を添付するものとします。

第52条

発効と適用

この規則は、欧州連合官報に掲載されてから20日後に発効するものとします。

それは…[この規則の発効日から30ヶ月後]から適用されるものとします。

この規則は完全に拘束力があり、すべての加盟国に直接適用されるものとします。

機械安全設計の原則とは|機械指令の基本的な健康と安全の要件(EHSR)

f:id:msdco:20210321202217p:plain

 

機械指令の基本的な健康と安全の要件 Essential Health and Safety Requirements (EHSRs) の必須要求事項の中からすべての製品に共通に適用することができる、製品の安全設計と指示警告のありかたを説明している。1.1.2 の安全の原則について解説します。

 

1.1.2  安全の原則(Principles of safety integration)

(a) 機械類は、その機能に適するように設計され製造されなければならない。かつ製造者の予見する条件の下で運転・調整・保守が行われる場合のみならず合理的に予見可能な誤使用も考慮して、人を危険にさらすことなくこれが遂行できるようにしなければならない。

講じるべき対策の目的は、輸送・組立・解体・無機能化及び廃棄の段階を含めた予見可能な機械の寿命期間を通じて、あらゆるリスクを除去することにある。

(b) 製造者又はその委任代理人は、最善の方策を選択する過程において下記の原則を下記の優先順位に従って適用しなければならない。

  • 可能な限りリスクを除去又は低減すること(本質的安全設計及び製造)、
  • 除去できないリスクに対しては必要な保護方策を講じること、
  • 採用した保護方策の不備に起因する残留リスクを使用者に知らせ、特定の訓練が必要であるかどうかを指示し、かつ個人用保護具の着用が必要な場合はそれを明記すること。

(c) 機械を設計・製造する場合、及び取扱説明書を作成する場合、製造者またはその正当な代理人は機械類の意図する使用法のみならず、合理的に予見可能な誤使用も予測しなければならない。

機械類は、このような誤使用によってリスクを生じる恐れがある場合には、そのような誤使用を防止するように設計し製造されなければならない。これとは別に、経験から予想できる使用法であるが、そのような使用法をすべきでないものについては、取扱説明書によって使用者の注意を喚起しなければならない。

(d) 機械類は、必要なまたは予見可能な個人用保護具の使用の結果として操作者が受ける拘束条件を考慮しなければならない。

(e) 機械類は、安全に調整・保守・使用を可能とするために必須の特殊装置及び附属品をすべて具備していなければならない。 

 

 

この原則に示された内容は、後にEN ISO 12100「機械類の安全性−設計のための一般原則− リスクアセスメント及びリスク低減 」で示された。3ステップ・メソッドです。

3ステップ・メソッド

リスク低減の優先順位を明確にしたものを3ステップ・メソッドと呼びます。リスク低減の一般原則に原則でありリスク評価によって特定および評価されたリスクに対処するために取られるプロセスであり、次の3つのステップでリスク低減を行います。

  • ステップ1:本質的安全設計方策
  • ステップ2:安全防護及び付加保護方策
  • ステップ3:使用上の情報の提供

ステップ1:設計上で製品に存在するリスクを除去する、除去できなければ軽減をする。ステップ2:それでも残るリスクに対しては保護方策を実施する。ステップ1とステップ2でもなお残る残留リスクに対して、ステップ3を適用しその残留リスクに対して使用者に情報提供をしなければなりません。

つまり、ステップ1とステップ2が確実に行われた後にのみ、警告ラベルや取扱説明書の妥当性が認められることになります。

 

ライフサイクル全局面の安全性

製造者は、は意図された使用条件だけでなく、合理的に予見可能な機械の誤使用をも考慮する必要があります。それは、製品のライフサイクルの全局面の安全性を考慮するということです。つまり、製品の輸送、組立、据付段階から解体、廃棄に渡るまで、製品のライフサイクルでリスクアセスメントをおこなわなければなりません。
たとえば、輸送時に機械が倒れて運搬業者が挟まれる、組立時に作業者が部品取り付けのミスを起こす、廃棄時にタンク内の高圧ガスの噴出により負傷するなど、それぞれの局面で考えられるリスクを評価し防止策を講じなければなりません。そのためには輸送時、組立時、廃棄時のそれぞれに対して適切な取扱説明書を作業者に提供することも重要です。

 

 

予見可能な誤使用に対する対応

(c)項の「機械を設計・製造する場合、及び取扱説明書を作成する場合、製造者またはその正当な代理人は機械類の意図する使用法のみならず、合理的に予見可能な誤使用も予測しなければならない」という規定は、製造者が予見可能な使用者の誤使用に対しては、製造者にその誤使用を防止するための対応を求めているものです。

製造者は次の3つの項目を実施しなければなりません。

  • 使用者の誤使用を防止するための設計上の対応(フールプルーフ、 タンパープルーフ )
  • 誤使用を回避するための警告(取扱説明書、警告ラベル)
  • 誤使用を明確にするために、その製品の意図する使用範囲や用途(取扱説明書、カタログ)

 

 

MSDコンサルティング